【続】俺様王子と秘密の時間 (涼宮リン/著)レビュー

★★★★★

ネタバレ

恋を通しての成長。

前作は、恋に落ちるまでのプロセスという感じだったのですが、今回はもう少しその先に踏み込んだストーリーとなっていました。
ごく普通の椎菜にとって、学園の王子様である千秋との恋は普通というわけにはいかない。その中での不安や、心の変化。そして、大切な存在と千秋が自分にとって、どんな存在かということを、はっきりと自覚するストーリーとなっていました。
曖昧にするのではなく、一歩進みながら椎菜の成長も書かれているすばらしい作品だと思います。

聖凪砂
(2011/08/05/21:52)