金魚玉の壊しかた (導花線/著)レビュー

★★★★★

感動です、、、

『金魚玉の金魚はやがて死ぬ』

キラキラした恋だからこそ
キレイなまま愛でておきたい。

作りモノの中では長くいれない。

綺麗で鮮やかで
だからこそ儚く切ない、、、

江戸時代に生きた亜鳥の
苦しく美しい恋物語。



亜鳥の可愛さにやられまくりでした、、、(//∀//)
時代の背景がわからなくても、
歴史が苦手でも大丈夫です!(笑)

気がついたら江戸の世界に引き込まれる綺麗な情景描写に、繊細な心理描写で導花線さんワールドに突入できます、、、


最後は泣くしかない、、、(;O;)

ぜひ読んでみてください♪

白石桃花
(2010/06/27/00:33)