金魚玉の壊しかた (導花線/著)レビュー

★★★★★

遊水、かっこよすぎます!!!

没落した武家のお嬢様「亜鳥」がある日出会ったのは金髪、碧の瞳の不思議な男「遊水」だった。
お互いの素性を知らずに惹かれあう2人。
けれども亜鳥はいずれ家を救うために名のある家へと嫁がなければならない身だった。

叶うことはない恋と知りつつ、止められない想い。
しかしある時、亜鳥はついに結婚しなくてはならなくなり、、、。


江戸時代を舞台にしたラブストーリー。
本編に対する外伝だが、これ単体でも充分に楽しめる一本です。
遊水様のかっこよさに骨まで溶かされること間違いなし!!
本編を読んでいる読者には嬉しい仕掛けも隠されていて、
あっと驚く事実が、、、!!

単体で充分楽しめるのですが、私としては本編と平行して読んで欲しいです!
導花線さんの罠にかかって驚いてください!!

うまの
(2010/05/13/14:26)