ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 教室

    亜結羽が好きな中村健人先生のお話です。

    "私のスーパーマン"の少し前から

    物語は始まります。

    中村健人先生の亜結羽に対する思いを

    知ることがでいる作品になっています。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 教室
    • セーラー服

    「だって私、セーラー服似合わないもの」
    真由美はいつもこういうのだ
    真由美は学校にいつもTシャツとパンツ姿で来る。
    180cmの長身にバスケ仕込の筋肉質な体で指定セーラー服が似合わないと思っている
    朝、真由美は教室の端の私の席に来て、私に封筒を差し出した
    少しだけ、ドキリとして受け取ると、丁寧な丸文字で
    「斉藤 真由美先輩へ」

    「あ、これ、ラブレター」
    私が指差すと、真由美は涙ぐんでいう
    「一年生の女の子」
    「まあ、でももらえるだけありがたいよ」

    「でも、私のことが好きなわけじゃないわ
    理想に一番近いのが私だっただけだもの」

    真由美はとうとう本格的に泣き出した
    私は教室から連れ出すと、校舎裏に二人座り込んだ

    真由美は声を上げずに泣き続けている
    さらさらの髪を撫でる
    真由美は必ず足を閉じて座るのだ
    セーラー服が似合わないなんて思わないよ

    まだまだ、告白はできないでいる。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中

    初恋は小学校の入学式の時だった。

    恋に気づいたのは小学校の卒業式だった。

    意識し始めたのは中学一年生の後半だった。

    いつも、俺は遠くから君を見つめているだけだった。

    君は....。

    他の奴が好きで

    俺のことは好きじゃない。

    いつになったら....。

    君に


    『好き』


    って、言えるのだろうかーーーーーーーーーーーーーーーーーーー?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

木村 咲さんのレビュー

ボクがキミをスキな理由【短編集】
Yucky☆/著

★★★★★

ネタバレ

ボクがキミを好きな理由


男子校、共学の進学校、それぞれに通う、個性豊かな男の子たちの恋を描いた短編集。

彼らひとりひとりの目線で語る恋愛ストーリーは、どれもリアルで男臭くて、思春期の香りがぷんぷんしていて甘酸っぱい。

読んでいて照れ臭くなってしまうのは、過去の自分の恋愛と重ね合わせてしまうから。
恥ずかしいくらいピュアで一途だったあの頃の自分の恋愛を、ついつい思い出してしまうからなのかも。

幼馴染みとの曖昧な関係、年上の女性との甘く苦い恋の思い出、初めての彼女とのピュアな恋の始まりに、男の友情!

魅力たっぷりの彼らの青春ラブストーリーをぜひ!

木村 咲
(2017/07/22/20:27)

▲