夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく (汐見 夏衛/著)レビュー

★★★★★

ネタバレ

夜が明けたら、君に

夜が明けたら、君に会いたい

マスク依存症の茜と真っ直ぐな青磁

ロープを伝って、ふたりの場所へ、
空について語る青磁が大好きです。
わたしも毎日、空を見上げてようと思いました。

もがき続ける茜の心を優しく救う青磁の魔法には、わたしまで救われました。
あの魔法は、青磁だからこそ使える魔法。
青磁の抱えた秘密、想いを知ったとき、たまらなくなって泣いてしまった。
夕焼けを見に行きたくなる、朝焼けを見に行きたくなる。
本当に綺麗なお話で、読後、優しい気持ちになれました。
茜の笑った顔が瞼に浮かんできて……感動しました。
本当に素敵なお話をありがとうございました。

言ノ葉リン
(2017/04/27/04:14)