ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 後ろからギュッ

    幼なじみの伊織と付き合った私は、いきなり伊織が甘々になったので驚いている。


    「サキ、今日は何の話する?」
    「止ま恋!!」
    「いつもじゃん」


    止ま恋とは私が好きな少女漫画だ。


    「お前さ、俺を何だと思ってるの?」
    「え?彼氏……?」
    「それならさ、もう少しいちゃついてもいいんじゃない?」


    後ろから抱きしめられた。
    伊織の息が私の耳にかかる。
    恥ずかしくて、ドキドキして心臓が破裂しそうだった。

    「………もっと、俺を見ろよ」


    優しくて甘すぎる声にやられて、フリーズした。

    「なーんてね。これ、止ま恋の台詞だよ?」

    は!?

    本当だ!


    「私のドキドキ返してよ!!」
    「ま、俺の本音だし。いつもお前がしてることだし」
    「私が何したの?」
    「いつもいつも、可愛すぎるんだよ」
    「はあ!?」



    少女漫画よりも甘い彼氏に困惑中。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    すーすーすー…


    ⦅……み きみ…… …おーい…… ⦆


    夢の中で誰かが呼んでる


    もおーなぁに、まだ寝たいのに…







    ぱちっ


    目を開けるとそこにはキラキラの王子様……!!


    じゃない


    成績優秀、スポーツ万能、憧れの須藤先輩が…!!


    «須藤先輩っ!!»


    声に出したいけど声が出ない///


    すると先輩は


    ぽんぽんっ


    「いつも遅くまで勉強か」



    「頑張ってるな」


    そう言って教室を後にした。


    "いつも"って毎日見ててくれてたのかな…


    私はその一瞬で先輩に恋に落ちたの。

    開く閉じる

    • 生徒会長
    • 生徒会室
    • 頭ぽんぽん

    静かな生徒会室に会長で彼氏の泰希の声が響く。

    「…じゃ、今月はこれで行こう。解散。」

    ゾロゾロとみんな帰っていく。
    私も帰りたいけど、会計上手くいかないからやらないと…
    会長係の意地として、やらないと!!!

    「瑠愛、帰らないの?」

    泰希に声をかけられ私は、

    「会計が上手くいかなくて。」
    「そっか…じゃ、待ってるよ。」
    「うん…えッ!?」

    待ってくれるの?

    「その代わり、」

    言葉を区切り、私の頭をぽんぽんと撫でる。

    「ちゃんと、頑張って終わらせな?」
    「うん!!」




    30分後、私は泰希と手を繋ぎ学校を出た。
    そして、癒しのキスをする。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

氷月あやさんのレビュー

君を呼ぶ音と最後の光
夏木エル/著

★★★★★

変えることができるのは、

胸の奥にしまい込んで忘れたつもりでいた、新山二葉の記憶。
「私は倉井美鳥をいじめていた」

突然転校してきた美鳥は、中学時代とは別人のような美少女になっていた。
過去を暴露されるのでは、と恐怖に駆られる二葉。
そして、それはある日、現実のものとなる。
友達とも彼氏とも連絡を絶ち、引きこもった二葉を追い詰めるように、インターホンが鳴って……。


繰り返される“やり直し”の中で、二葉は、実際の中学時代には見えなかった、人間の別の側面を知っていきます。
真を除く誰もが、甘えていたり歪んでいたり、ずるくて汚い。
いじめ、見栄、計算、プライド。
共感や同情はしても、誰も好きになれないくらい、リアルで救いのない「学校」という世界が描かれています。

“やり直し”という甘い夢がなぜ失敗するのか。
本当にやり直すべきは何なのか。

深く考えさせられる物語です。

氷月あや
(2016/09/22/12:22)

▲