ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 告白

    かわいいかわいい私は毎日のようにナンパされる。無自覚天然ではないので、対処法は十二分に理解しているつもり、だったんだけど。

    「せーんぱい!僕と遊び、行きませんか?」

    こんなチャラいナンパ、いつもは無視なのに、振り向かずにはいられない・・・。

    「梶くん、何してんの・・・」

    密かに私が片思いしている相手の梶くんは、弟の友だちだ。

    「先輩を遊びに誘ってるんだよ?」

    「また・・・?」

    ねぇ、梶くん。私勘違いしちゃうよ?うぬぼれちゃうよ?

    この気持ちを伝えたら、私が笑顔になれる返事をくれるのかな。

    「せんぱい・・・?あの、好きな人って、いたりしますか?」

    「会う度に聞くね、いるって言ってんじゃん」

    「へー・・・」

    ねぇ、寂しそうな顔しないで?お願いだから。

    「好きな人教えてあげよーか?」

    「梶くんだよ」

    ずっとずっと小学生の時から好き。

    「返事待ってる」笑顔にさせてね

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 廊下

    数センチ高い目線に合わせようと一生懸命つま先を伸ばすのに、いじわるく目を細めた彼はいっさい屈むこともせず見下ろしてくる。

    これではまるで、わたしがねだっているような構図になってしまう。

    気に食わない。


    「もういい、帰る」


    寮の消灯時間が迫っている。

    わかっているくせに離してくれない。わたしも、わかっているくせに突き放せない。



    「もういい、じゃねぇだろ」


    ひどいよ、と思う。
    与えてくれないのに、欲しがるから。


    「(わたしだけを、欲しがってよ)」


    そんなことを言ってしまえば、この関係はもう終わり。
    麻薬みたいなキス。他のこと、何も考えられなくなる。



    「後戻りできなくなればいいのに。オレ以外、無理だって」


    背を向けた彼が低い声でなにかを呟いたけれど、聞きとれない。校舎の闇に白いシャツが消えていく。

    ────いつか

    君の愛に溺れてみたいな。

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 教室

    今日は花火大会で、外はなんだか騒がしい。
    私も今年こそは友達と浴衣着て行こうって話してたのに…

    「ほら、集中しろって」

    補習である。

    しかも、ふたりきり。
    よりにもよって、幼なじみの燐と一緒に、だ。
    格好いい先輩とか先生とかなら良かったのに!

    「悪かったな!顔見知りの俺で!」

    「まだ何も言ってないじゃん!」

    「どうせイケメンが良かったとか思ってんだろーが」

    「…」

    「黙るなよ!なんか悲しいわ!」

    すっかり日も暮れてきてしまった。
    花火見たかったなぁ…

    「確かこっからでも花火見えるよな。一緒に見ねぇ?」

    「うん」

    まさか教室から見ることになるなんてなぁ…

    ドンという音が花火の始まりを告げると、次々と夜空に花が咲いては散った。

    「あのさ、好きだ。ずっと前から」

    「え?」

    「俺と付き合ってください」


    夜空を見上げる彼の横顔は、色鮮やかな花火のせいか赤かった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

ハリベラス魔法学園Ⅰ (haruka./著)レビュー

★★★★★

ファンタジー好きにはたまらない!

ファンタジー好きなら見なきゃ損です(≧▽≦)

人数が多いのに、いつの間にかセリフがなくなってるキャラがいないのは、同じここで書く者としても、すごいと思います。

私もすごい大変なので(^^;;

気を抜くといつの間にかどっか行っちゃってるんですよ(笑)

最後に、この作品ほんっとに大好きです‼︎

これからも頑張ってください(o^^o)


※**雪**※















※**雪**※
(2014/03/31/20:05)

▲