ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年09月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 登校中
    • 頭ぽんぽん

    (まさか寝坊してしまうなんて…)

    朝のSTは2時間前に終わっている

    (もうだめ…ヘトヘト)

    私の乗る電車はお昼位まではずっと混んでいる
    家から走った後人混みに潰されながら乗った電車で体力を使い切ってしまった

    (ゆっくり行こう…)

    『野木?』

    「へ?」

    前を見るとスーツ姿の担任池澤が驚いた表情でこちらを見ていた

    『お前まさかサボりか?』

    「違いますよ!寝坊してしまって…ていうか先生もなんでこんな所に?」

    『俺は今から出張だ』

    「だからしっかりした格好なんだ」

    いつもと違う雰囲気の先生に少しだけ見惚れてしまう

    『いつも変みたいな言い方するな』

    私の頭に手を乗せて髪をくしゃくしゃにする

    「ぬああっセットが!」
    『お仕置きだ』

    『まあでもちゃんと学校来て偉いな』
    次は優しく頭をぽんぽんする

    『まあでも朝からお前に会えて癒された』

    「へ?」

    『いや、なんでも』

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    『え、あ、あの、先輩…?』
    私、鳳明音はひとつ上の日向翔先輩に後ろから抱きしめられている。
    『どうしたんですか…急に…』
    「どうしたのって、後ろから抱きしめてんの。」
    いや、それは、分かってます。
    「そんなにあいつの事好きだったの?」
    『っ!!は、はい…』
    あいつとは、私の幼馴染の事だ。
    ずっと片思いしていて、やっとの事で告白をしたら、振られた。
    それで1人屋上で、気持ちを整理していた。
    「あいつの事忘れろなんて言わない。徐々にでも良いから俺の事好きになってよ。」
    『えっ…。』
    好き…?
    「だから、俺は鳳さんが好きだって言ってんの。」
    『うそ…。でも、先輩…彼女さん…。』
    「彼女とは、別れたよ。好きな人が出来たって言ったら、あっさりと(笑)」
    知らなかった…。そんな、噂だって聞いてない。
    「まずは、俺の事知ってもらわなきゃ。これから、よろしくね、明音。」
    そう、耳元で囁かれた。

    開く閉じる

    • 同級生

    「俺さ、好きな人いるんだ。」

    そういって微笑む幼馴染みの彼はとても愛おしそうな瞳をしていた。

    「そっか。」

    私は無理矢理作った笑顔で彼にそう言った。

    彼の笑顔が好きだから。

    彼の優しいところが好きだから。

    彼の無邪気さが好きだから。

    私はこの思いを封じなければならない。

    「今日、告白するんだ。」

    そう言う彼に胸がズキズキと痛んだ。

    「す、好きな子ってどんな子?」

    どうして、聞きたくもないことを聞いてしまうのだろう。傷つくだけなのに。

    「ん~、優しくてがんばり屋で寝顔がかわいい。あと意外とツンデレ?かな。」

    寝顔って…もう私に勝ち目なんかないじゃん。

    「ねぇ、そ、の、子の、名前は?」

    これが、最後で、一番聞きたくて聞きたくない質問。

    「俺の世界で一番大事で愛してやまない幼馴染み。」

    「好きだよ」

    彼はそう言って私の頬にキスを落とした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

☆毎日が映画のような一コマ★ 〜妹よ〜 (ジウ/著)レビュー

★★★★★

妹と兄。

丁寧な文章とどこかしらユーモアを感じる作品。

妹の結婚のヒトコマを上手く切り取った作品。

特に大きな出来事は起こらなくても掌編の一つの見本かもと思わせます。

こういう作品は、個人的にも好きですね。
読んで下さい。

高山
(2017/11/15/02:31)

▲