ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

豪華企画もりだくさん!特設ページOPEN★

野いちご学園

2017年09月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 登校中
    • 頭ぽんぽん

    「おはよ、茉姫奈」

    ギュッ……。

    えっ………!?

    開く閉じる

    • お昼休み
    • 屋上
    • 浮気【お題】

    「お兄ちゃん…」
    「どうした?」
    お昼ご飯を食べていると
    妹の観月が急に名前を呼んできた。
    「…よしよしして?」
    俺は言われた通りに頭を撫でてやる。
    「…ぐすっ」
    すると、観月は泣き出した。
    俺は我慢ができなくなって
    抱き寄せてしまったがなにもいわれない。
    「何があった…?」
    「あのね、彼氏がね、浮気してたの」
    最近付き合いだして、とても喜んでいたから
    その言葉を聞いて少し苛立ちを覚えた。
    「そうか…」
    「ごめんね、制服濡れるよね」
    「大丈夫だ」
    「あーあーなんでだろーな?」
    悲しさをまぎらわすようにいつもより高い声で
    でも、悲しそうな声で言われた。
    俺は胸が苦しくなって言ってしまいそうになる。
    「俺はお前のこと…」
    でも、この言葉は言えない。
    俺は、妹…観月に恋をしている。
    絶対叶うことのない恋。
    こんなにも好きなのに。

    俺だったら絶対に悲しませないのに。

    何でダメなんだよっ…

    開く閉じる

    • 同級生
    • 浮気【お題】

    「せーんぱい!先輩がピアノ弾くなんてめずらしいですね。何か、あったんですか?」


    「別に、なんもないよ。」

    「嘘ですね。彼女さんとなんかありました?」

    目を見開く先輩に少し切なくなる。

    先輩彼女さんとなんかあると絶対ピアノを弾くんだ。だからすぐ分かるよ。先輩、私は先輩をずっと見てきたんだから。






    「優希が…」

    「えっ?」

    「優希が浮気してたんだ、俺の親友と」

    「そんな…あんなに仲良かったじゃないですか」


    先輩のこんなにつらそうな顔見たくない。

    私は先輩を励ますことも何も出来ないから、



    だけど

    「先輩、私は絶対に先輩のそばにいます。
    つらい時はすぐに呼んでください!
    飛んで行きますから!」


    そう言うと先輩はちょっとだけ笑ったんだ。


    それが私にとってすっごく嬉しかったんだ。

    恋はとっくに始まってのかもしれないけど、今日からまた違う恋が始まる。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

♥恋コイ♥  【完結】 (小泉ケイ/著)レビュー

★★★☆☆

どのタイミングで付き合い始めた(?)のかわかんなかった
なんか、急に話が飛んだ感じした

けど、楽しかった!

菜稚
(2017/07/17/20:43)

▲