ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

第2回野いちご大賞

野いちご学園

2017年11月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • べた褒め
    • 放課後
    • 校舎裏
    • ベタ惚れ【お題】

    お前、スゲーじゃん!野いちご大賞にノミネートされるなんて。
    俺誇っているからな!

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 廊下
    • ベタ惚れ【お題】

    先輩の教室の前。同じ塾に通う先輩に、借りていた参考書を返しにきた。出入口で深呼吸をすると、先輩が出てきた。

    「あ、こんにちは」
    「お。俺に会いに来てくれたの?」

    本当に嬉しそうにしてくれる先輩は微笑ましい。参考書を手渡し、別れようとすると、先輩に手を掴まれる。

    「…もう行っちゃうの?」
    「用は済みましたから」
    「つれねぇなぁ。もうちょっといてよ」
    「だって……」
    「そのつれないとこも好きだけど。俺としては、やっぱ物足りねぇんだよな」

    そう言って、手首を掴んでいた手をずらし、指を絡めてくる。ちょ、ただの先輩のくせに!

    「待って…先輩、何して

    焦る私を見て、先輩は頬を少し赤く染めて笑っている。その笑顔に、何だか照れてしまう。

    「先輩…!」
    「顔真っ赤だ。可愛い」

    私が声を詰まらせると、先輩が悪戯っぽく微笑んだ。

    「困ったな。こんなことしてたら、もっと物足りなくなっちまうな」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下
    • 頭ぽんぽん

    「はぁー...疲れたぁー...」

    今日は集会がありました
    あ、私は副会長なので色々仕事があったんです

    「お疲れ様、頑張ってたね」

    「あ、ありがとうございます」

    声を掛けてくれたのは私の好きな人
    優しくて、カッコいいからとってもモテます....
    ちょっと複雑です.....

    「大丈夫?疲れてる顔してる」

    「え!?あ、大丈夫です!」

    先輩の前なのに〜...
    絶対可愛くないと思われてるよ...最悪....

    「頑張りすぎんなよ、じゃあね」(頭ポンポン

    「あ、さようなら/////」


    ((やば、すっげー可愛い/////

    先輩がそんなことを思ってるなんて
    考えもしない天然な主人公でした♪♪

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

[完結]欲しいのはお前だけ。 (花菱ありす/著)レビュー

★★★☆☆

すごーく良かったです( ̄∇ ̄)

ゆうきンピラゴボウ
(2017/01/11/23:58)

▲