ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後

    成績が悪すぎて、なんとなく行った質問。
    それから毎日のように通っている気がする。
    今日もいつも通り、準備室のドアをノックする。

    コンコンコン

    3回叩くのは私なりの合図。

    『はいはい、入んな』

    ドアの向こうから馴染みのある声。
    頻繁に来たって拒まないのは、私が孤独だということを知っているからなのか。

    『今日はどこ?』

    「今日は何もないんです」

    顔色ひとつ変えない彼。

    『そっか、紅茶が残ってたけど飲む?』

    「はい」

    私は知っている。

    残ってたんじゃなくて、新品を買ったんでしょ。

    レシートとスーパーの袋が捨ててあったから。
    以前紅茶が好きだと言ったことがあった。
    彼の優しさに私は涙を流すしかなかった。

    「なんでいつもそんなに優しいの…」

    『いいから、来なよ』

    腕を広げて微笑む彼。
    私は迷わずその腕の中に飛び込んだ。

    『俺は、誰にでも優しいわけじゃないから』

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン

    彼と過ごす3回目の夏。
    生徒と先生の関係で過ごす最後の夏。
    私たちは夏祭りに来ていた。

    『手』

    彼は私の手を掴んで、自分の方へ私を引き寄せた。
    自然な仕草、いつもそうやって私を守ってくれる。

    「綺麗ですね、花火」

    祭りの終盤には花火が上がる。
    この夏祭りも3回目。
    毎年こうやって手を繋いで並んで見たっけ。
    だんだんそれも当たり前になって。
    でも今年でいわゆる"禁断"の関係は最後なんだな、と思うと複雑だった。

    『何考えてんの』

    「うーん、なんか色々」

    『あっそ』

    繋いでいた手を離して、そのまま私の顔に持っていく。
    とっさに目を閉じる。

    『バカ、キスなんかしねえよ』

    彼はいたずらっぽく笑う。
    私は少し恥ずかしくて、

    「もういいっ」

    と一言。後ろを向いた。

    『拗ねてんの?可愛がるのは、後でな』

    そして耳元で、

    『〇〇の可愛いところは誰にも見せたくないから』

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • お昼休み
    • 屋上
    • 髪クシャ

    彼が隣であくびをするのを見て、
    私は小さく笑った…なんでもない日常。
    喘息持ちで、思うように学校にも
    通えなかった中学時代とはもう違う。

    「どうした?」

    「今…幸せだなって思ったの。」

    暖かな風に揺れる彼の黒髪が愛おしい。
    こんな気持ちは初めてだった。

    「…今だけじゃない、これからもだ。」

    「え?」

    バチッと目が合った時、
    彼は何故か真剣な目をしていた…。
    私達は互いに吸い寄せられるように、
    触れるだけのキスをする。

    「これからも俺がお前を幸せにする。」

    「…ずっと?」

    彼は優しく頷く…小さい頃から変わらない。
    彼はずっと私が辛い時、隣に居てくれた。
    私の大切な心の支えだった。

    「ずっと私と居てくれるの?」

    「当たり前だろ…ほら、行くぞ。」

    彼は少し紅色に染まった頬を手の甲で隠し、
    もう片方の手で私の髪をくしゃっと撫でると
    ゆっくり立ち上がった…。

    「大好き…。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る