ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    「北島先輩遅いなぁ。」
    放課後の教室は思った以上に静かだった。
    そんなことを思いながら待っていると北島先輩が
    「伊藤!遅れてごめん!」
    そう言って近づいてきた。
    私は
    「忙しいのにごめんなさい。あの伝えたいことがあって」
    と言うと
    「ん?どした?」と北島先輩が微笑んだ。
    私は勇気を振りしぼって言った。
    「あの。入学してからずっと好きでした。よかったらもらってください。」
    いざ告白すると照れて北島先輩が見れなくてうつむいていた。
    その時、北島先輩の手が私の頭の上を軽く跳ねた。そして顔を上げると北島先輩が…
    「俺も好きだ。チョコもお前からしかもらわねぇって思ってた。」
    私の顔を見てそう言った。






    放課後の教室は先輩と甘いチョコの匂いがした。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 教室

    あーあ、遅くなっちゃった..。

    さすがに先輩もう残ってないよね?

    私は片思いしてる先輩にチョコを渡すために部活終わるまで待ってたんだけど...
    いつの間にか寝ちゃっててもう真っ暗
    はぁ、最悪のバレンタインだ...
    頑張って作ったのにな...家に帰ってお父さんにでも渡そう

    鞄を持って帰ろうと教室を出た時、
    「渡邉、やっと起きた?」

    え!?なんで先輩が..!?
    「お、大久保先輩!?まだ残ってたんですか!?」
    夢だよね?先輩が残ってるわけない。
    「帰ろうと思ったら教室に電気が付いてたから覗いたらお前が寝てたんだよ」
    み、見られてた..。お恥ずかしい..
    「も、もしかして起きるまで待っててくれたんですか?」
    「まぁな、こんな暗いのに1人で帰らせられねーだろ」

    もう、こういうとこだよ先輩。
    私はクスッと笑って

    「へへ、すみませんっ、一緒に帰りましょ
    あ、私先輩に渡したい物があるんですっ」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    私には一つ上の要(かなめ)先輩が好き。
    でも先輩に思いを伝えれてないから
    今日は絶対に思いを伝えよう、そう思っている

    「おはよ」

    声をかけられて振り返ると要先輩の姿があった

    「お…おはようございます
     あの先輩今日の放課後話があります」

    「分かった。俺が茉優の教室に行くわ」

    「あ、はい。待ってます」

    …放課後

    「茉優」

    「わざわざ呼び出してすいません」

    「大丈夫。それでなんかあった」

    「あの、えっと、ずっと先輩が好きでした 付き合ってください」

    「ほんとか?」

    「はい」

    「俺も茉優が好き 付き合おう」

    断られると思っていたから嬉しくて
    泣いてしまいそうになった

    恥ずかしくて後ろ向いた
    その時、ギュっ

    先輩が私を後ろから抱きしめた

    「茉優、これからよろしくな。大好きだよ」

    「はい、私も要先輩が大好きです」

    私のバレンタインは最高に幸せな日になった

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る