ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • お昼休み
    • 廊下
    • 告白

    「女友達といるの、疲れるんだよね。
    だから、君といるのは気楽でいいんだ」

    彼女は前に、そう言った。
    僕といるのが楽しいから居るとは言ってくれない。
    でも今、彼女が女子と話している所を見て分かった。
    僕といる時に見せるような自然な笑顔なんてどこにも無く、時折彼女が見せるツラそうな笑顔が、僕は見ていられなかった。

    僕はまだ高校生になったばかり、彼女は2年生。一緒にいたのだって、まだ半年で。あなたのこと、分かってない同然のはずなのに…どうしてもあなたを助けたい。僕は彼女に近付き、華奢な手首を優しく掴んだ。彼女も一緒にいた女子も、驚いていた。
    「好き…」
    「え?」
    つい口走ってしまった。僕の口からは言葉が止まらなかった。
    「先輩のこと、好きだから…無理して笑う所見たくないんだ。僕が今以上に、笑顔にしたい。だから…ね、先輩。僕の彼女になって下さい」

    彼女は優しく微笑んで、頷いた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 告白

    「あー!智也、おっはよ!」

    前に居たクラスメートの智也に後ろから抱きつく。
    「うっ…ちょ、瑠璃、胸当たってるから」

    困ったようにそう言われるのももう慣れた。

    「やだなぁ、私と智也の間に男も女もないでしょ?」

    「…俺は、違うけどな」

    「はぁ?何が違うのよ?」

    智也は目を泳がせた後、私をスっと捉えてこう言ったんだ。

    「俺は、お前の事女として好きだから」

    「…っ、は、はぁ?どうしたの智也!分かった、まだ寝ぼけてんだ!」

    「寝ぼけてない、ホントの事だから。」

    そして智也は私の耳元でこう甘く囁いた…





    「俺、今からお前の事落としてみせるから。楽しみにしとけよ?」


    大丈夫です、智也さん。

    もう私…智也にドキドキしてるから。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 告白

    「なぁなぁ」

    「………」

    「なぁってば!」


    ___________いきなり私の部屋に入ってきたと思ったらずーーーっとこれ。

    幼馴染だし、今更女とか男とか、あいつは意識してないだろうけど…。

    もし告白して振られたら、幼馴染みでも居られなくなる…そう思うと、なかなか勇気が出ない。

    あいつは知らないだろうな…。
    私の気持ちも、あいつが時折呼ぶその言葉に、私の心がかき乱されているってことも______。




    「…なぁ。________すき」

    「____ッ!!
    いきなり素直になんないでよこのバカ!」

    「お前にしか素直にならんわ!

    だってなぁが好きやけんさ」



    _______________なっ?ななせ。


    キミが昔付けてくれた、キミだけに呼ばせているそのあだ名。


    __________私もすきだよ。ばーか




    これは、幼馴染だけの特権…

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る