感想ノート

完結しました(*^^*)

  • 夢幻キリコさん☆

    最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

    そうですね、ぷっちょり女子が痩せる話かと思ったら全然違う方向に行きましたね笑
    おっしゃるとおり、今見るとそんなに立てなくてもってくらいのフラグが……。
    最初からこうする予定だったんですよ。時代トリップで完全ハッピーエンドはないと昔から思ってて、四郎くんはこういうことになってしまいました。

    オロチもちょっと気の毒でしたね。いつか完全無欠の悪いやつも書いてみたい気がしますけど。

    お城が燃えるシーンは、私も書いてて切なかったです。
    天草四郎を純粋に信じていた人たちもいたのだろうと思うと、どうしても彼らを置いて四郎くんだけのほほんと幸せにすることができませんでした(´・ω・`)

    史実交じりのファンタジー、楽しいですよね~。
    いつかまたやりたいと思います。

    感想をくださり、ありがとうございました!!

    真彩-mahya-

    2016/09/29/22:02

  • 読了いたしました。

    始まり方がコメディタッチだったのでその路線でいくのかと思いきや、意外に中盤以降はシリアスでしたねぇ。
    友達が次々と豹変していく展開はホラーチックで怖かった><
    四郎くんはフラグ立てまくりだったのでラストの展開は読めてしまいましたが、一応はハッピーエンドでいいのかな?(^_^;)
    悪役のオロチにも背景を設定し、完全な悪にしなかったところが真彩さんらしいところですね^^
    自分に自信の持てなかったヒロインが、四郎との生活を通じて少しずつ強くなっていく過程が面白かったと思います。
    燃えるお城のシーンは切なかった(-_-)
    きっと実際にもあんなドラマはあったのでしょうねぇ。
    少し史実を交えるところも、「幕末オオカミ」のノリを感じましたw
    こういう軽い歴史物は、堅苦しくなく読めるのでいいですね。
    これからもぜひチャレンジしてくださいね!

    いつも素敵なお話をありがとうございます(*^_^*)

    夢幻キリコ

    2016/09/27/21:12

  • えりのすけえり太郎さん

    読んでくださり、ありがとうございます!
    歴史モノ、好きなんでまた書きたいんですけどねえ……←
    いつかまた書けたらいいなと思います(*'ω'*)

    真彩-mahya-

    2016/08/29/22:45

  • とても、面白く感動的でした。
    また、歴史恋愛物を楽しみにしています。

    えりのすけえり太郎

    2016/08/22/20:53

  • ☆莉乃★さん☆

    こんにちわ!読んでくださり、ありがとうございます!!

    あ、四郎くんの名前ですね~?
    答えは……

    すみません、ありません!!(ちーん)

    読者様に、色々と想像していただけたらと思って……

    莉乃さんが好きな名前で、今後の二人がどうなるか想像していただけたら嬉しいです。


    見習っていただけるような大層な者でもありませんが、そう言っていただけて嬉しいです。

    どうもありがとうございます!

    真彩-mahya-

    2016/01/06/23:08

  • こんにちわ!とても面白かったです!
    …ところで一つ、教えてもらいたいものがあるのですが…


    新しく生まれ変わった四郎くんの名前はなんでしょうか??

    余りにも彼のことが気に入ってしまったもので…



    このような人を惹きつける作品をかけるのは素晴らしいことです。私も見習いたいと思います。
    ありがとうございました!

    ☆莉乃★

    2016/01/05/19:18

  • 熊川さん☆

    いつもありがとうございます!

    エッセイに載せてくださるかもとのこと、ありがとうございます。
    どうぞ、お好きなように載せてくださいませ(*^-^*)

    真彩-mahya-

    2014/09/08/23:27

  • 真彩-mahya-さん、いつも楽しく読ませて頂いてます!
     (^▽^)

     この度、今作

    『神様なんて信じないっ!
    ~イケメンと妖怪、召喚しちゃいました~』

    に関して、お伝えしたいことがありまして、コメントさせてもらいます。

     実は、私は4年前から野いちご作家様の作品を読破しまくり、書評ガイドブック・エッセイをまとめるというプロジェクト(?)を続けているのですが『神様なんて信じないっ!~イケメンと妖怪、召喚しちゃいました~』を更新中の【長編傑作小説紹介】コーナーに掲載を検討しているのですが、いかがでしょうか?

     作品のネタバレを避け、多くの読者様に読んでもらえるような紹介を心がけたいと思い、日々更新中です。

     もしお返事頂けるのでしたら、お待ちしております。

     突然の不躾なコメント、失礼致しました!

    熊川なおたか

    2014/09/08/22:55

  • 熊川なおたかさん☆

    いやいや覚えていますよ~!
    忙しくてなかなか訪問返しできなくてすみませんです( ;∀;)

    しかもこんな微妙な人気具合の作品にお越しいただき、ありがとうございます。

    美心や雷牙&風牙兄弟、小さいおっさんなど……他のシリアスな作品に比べ、ちょっとギャグっぽく軽い雰囲気になっていますね。

    日本神話はそれほど知らないんですが(笑)褒めていただけて嬉しいです。

    天草四郎ハーフ説は、後半で詳しく語られています。
    一説には、豊臣家の子孫という噂もありますが、今回は勝手にハーフにしちゃいました。

    歴史ファンタジーというよりは、完全な娯楽ものなので楽~に楽しんでくださいな☆

    よろしくお願いいたします~。

    真彩-mahya-

    2014/09/01/22:08

  • 真彩-mahya-さん、お久しぶりです!(と言っても、僕のことを覚えていないかも。笑)

     熊川なおたかです。


    『神様なんて信じないっ!~イケメンと妖怪、召喚しちゃいました~』大変楽しく読ませてもらっています!
     (^▽^)

     超霊感体質のヒロイン・美心ちゃんの甘い甘いオープニング(間違ってはいない。笑)から、雷牙&風牙の兄弟のコントラスト感溢れるキャラクターの魅力。

     小さいおっさんの可愛らしさ(笑)など、全員良い意味で「ぶっ飛んだ」キャラクターの味わい深さがたまらないです。

     はっきり言って、嬉しい!楽しい!大好き!(ドリカム風)なお話です(^O^)


     日本神話のバックボーンがしっかりと物語に溶け込んでいて(教会を舞台にしたバトルなど)八百万(やおよろず)の国・日本のこれぞファンタジー決定版だと思います。


     天草四郎ハーフ説(確かに言われてみればそうだ!)など、神秘的かつ美しいこの【時空を超えたイケメン】の活躍に、多くの読者様も心躍ることでしょう!

    (「もち」肌には、ジワジワ来る……!!)

     スサノオノミコト、八岐大蛇、いずれも歴史ファンタジー大好物の僕には、待ってました! の傑作です。
     ヽ(・∀・)ノ

    「神様~!」と神の子・四郎のせいで絶叫せざるを得なくなった美心の運命や、天然系メガネ男子・槙原君などなど、これから先も読み進めつつ、この世界観に召喚されたいと思います!


     長々と失礼しました。

    熊川なおたか

    2014/09/01/09:29