感想ノート

  • 最初の泪と八雲の出会いは、ありえないような事でしたが、スマホの取り違いからすべてが始まっていくという物語に私はすごく感動しました!八雲の言葉に胸がきゅぅぅぅって締め付けられ、苦しくなりました。言いたいことが全て言えたら全く苦労しないのにな…と思いながら読んでました。泪も八雲も最後には、自分の気持ちをちゃんと伝えることができていて、とても嬉しかったです!🥰泪と八雲には、これから何度も好きという気持ちを伝えあって欲しいです!❤

    ゆーちゃ11

    2020/06/22/21:11

  • 面白いところもあって感動して涙が止まらなくなりとても良い作品でした。最後のシーンはもう目がおかしくなったのかと思うほど涙が出てきました。あとあんなに優しい親友がほしいと思いました(笑)そして涙鳴さんの作品を今まで読んだことがなかった自分を呪いたいです。これからも頑張って。本当に良い作品でした。

    小坂七海

    2020/05/01/01:14

  • 泪と八雲が最高に良かったです。二人でバカって言い合ったり…など素直に言えることの素晴らしさを感じました。そして感動して涙が止まりませんでした。おはよう、君が好きです。と二人で好きと伝え合う所が良かったです。八雲がアンタと呼ぶのもステキだなって思いました。

    ユナ❦

    2020/03/17/10:17

  • 泪の行動や心情などがすごく綺麗に描かれていて凄いと思いました
    これからも頑張って下さい!

    水花菜

    2019/06/28/22:52

  • 八雲と泪の初々しい感じがすごく良かったです!

    セイナ

    2019/05/02/18:00

  • ほすみ先生は女なの?男なの?

    が頭の中で回って寝つけません。

    꽃구경

    2019/04/22/00:28

  • ほんといいお話でした!!!
    よすぎますよ!!!!!
    涙鳴さんの本は本当にすきで、
    ほぼ全部みてます!!!!
    絶対文庫かいますね!!!!
    これからも頑張ってください!

    じゅりのり

    2018/10/13/13:35

    じゅのりさん、返信が遅くなってしまってすみません!
    感想ありがとうございました~!

    ほぼ全部読んでくださってるとのことで、
    嬉しいです(*´罒`*)

    これからも、じゅのりさんに楽しんでもらえるように、
    泣きキュン作品もどんどん書いていけたらと思います!

    作者からの返信 2019/01/17/18:09

  • ありがとうございました✨

    いろいろ涙鳴先生の参考にして書いてみます🎵

    新作楽しみにしてます☺

    あゆな ☆

    2018/08/22/18:35

  • 八雲と神崎泪がバイクに跳ねられた時八雲が助けてくれて病院に運ばれて死んじゃうのかと思ってすごく涙が止まらなくなり( ノД`)… 

    二人とも生きてて良かったて涙がぼろぼろ止まらなくなり
    すごく感動しました✨

    八雲と泪にドキドキハラハラさせられましたがいい作品で沢山の人に読んで欲しい☺

    私も小説を書きたいと思って頑張っているのでがなかなかプロットや起承転結が難しくて書けなくて小説が書けません
    涙鳴先生はどうやって書いてますか?

    あゆな ☆

    2018/08/19/02:41

    あゆなさん、返信遅くなってすみません!
    はじめに、感想ありがとうございました( *´︶`*)
    私の作品でハラハラドキドキ、感動してくださったりと嬉しいです。
    あゆなさんも小説を書きたいと思ってらっしゃるんですね!
    ぜひぜひ、その気持ちを大切にしてください。
    そして、すでに起承転結を意識して書いていることがすごい!と思いました。
    私が書き始めた頃は、なにも考えずに殴り書きだったので(笑)
    物語を書くのに正解も不正解もないので、あくまで私の場合でお話しますね!
    あゆなさんは、やってみて自分に合ってたらやってみてください^^

    まず、物語を書き進められないのは【伝えたいこと】がまだフワフワしているからだと思います。
    流れとしては、
    ①伝えたいこと、テーマを決める。
    ②テーマにそってプロットを立てる。
    ③プロットを頼りに執筆する。
    ……という感じにしています。

    例えば【誰かの死から立ち直れる物語】をテーマにするとします。

    次に主人公が死から立ち直るためにはどんなイベントがあったらいいか(実体験などを参考に)を考えていきます。
    (例としては、亡くなった人や友人の言葉で励まされて立ち直れた……など)

    それが決まったら、そのイベントを起こすためにどんな話があったらいいのかな?と考えます。
    (例としては支えてくれる男の子が現れるなど)

    いくつか起こしたいイベントが決まったら、主人公に起きた【誰かの死】を具体的に考えます。
    (例としては、元彼の死など)

    そうすると、またお話を進めるために起こしたいイベントが浮かんでくると思います。
    (例えば、元彼と一緒に海に行く途中で事故に合うなど)

    こうやって、次々に浮かんだパズルのピースを最後に繋ぎ合わせて出来たものがプロットになります。

    ただ、物語を書く時は『こういう男の子の話しを書きたい』『誰かを泣かせる話を書きたい』など、きっかけはその都度違うので、いろんなやり方で書いていいと思います。

    でも、大事なのはやっぱり『テーマ、伝えたいこと』です。文章が上手でなくても、ここがしっかりしていれば読む人の心には届きます。

    なので、あゆなさんの『伝えたいこと』の軸をぶれないように書いていけばいいと思います。
    起承転結やプロットにもこだわらず、最初はいきなり書き殴ってもいいです。
    そのときは、オチを決めとくと書きやすいですよ!

    作者からの返信 2018/08/22/00:14

  • この小説を読んで凄く凄く勇気をもらいました!
    私もこの二人みたいな恋がしたいです(*≧∀≦*)
    最後は涙が止まりませんでした!!こんなに素晴らしい小説に出会えて幸せです~😭♥️

    ねもふぃら

    2018/07/28/20:54

    ねもふぃらさん、感想ありがとうございます!
    返信がおそくなり、すみません(; ;)

    そして、私の作品で勇気をもらえたと言ってくださって嬉しいです!

    ぜひ素敵な恋をしてください!

    ねもふぃらさんのことを誰よりも大切にしてくれる誰かと幸せになって欲しいです。

    ねもふぃらさん自身も幸せにしてあげたいと思える人が運命の人かな、と思います。

    素敵な人と出会えるように応援していますね!

    涙鳴より

    作者からの返信 2018/07/30/20:22