感想ノート

安心してください。受かりますよ!

  • 氷月あや様 はじめまして!感想&レビューありがとうございます!実は私も、好きな作家さんのところでお名前拝見しておりまして氷月様を存じ上げておりました。感想頂けて嬉しいです!そして、イケメン~と僕の幸せは~を読んで頂けていたとは!わーーーー本当に嬉しすぎます!!嬉しすぎてパソコンの前で踊り出しそうになりました笑。本当にありがとうございますm(__)m

    短編賞のお祝いの言葉も頂き、ありがとうございます!
    レビューに頂いた『将来、絶対値で括ることができたとき…』や、感想に頂いた『これからがスタート』の言葉から、とても温かい目線で2人を見守って頂けたんだなあと思い、私まで心がほくほくしております。

    氷月さんも転校を隠されていたご経験がおありなんですね…。いずもよっくんも自分ではどうにもできない事情を抱えて、悩み続ける切ない展開になってしまいましたが、2人のゆくえを優しく見守って頂きありがとうございます!2人の心情をリアルにつかんで書けたか不安だったので、リアルさを感じて頂けてほっとしております。

    そして、私もロック大好き人間なので、ロック好きな方と出会えてうれしいです(*´∀`*)ストロベリーフィールズ、タイトル負けしないように頑張ります!(あわあわ!笑)
    本当にありがとうございました!!

    aona

    2016/04/12/00:53

  • 初めて感想ノートにお邪魔させていただきます。
    はっちゃけててポップで正直で純情な『イケメンすぎてドン引き!』と、キラキラとずるさの配分がリアルな『僕の幸せは、星をめぐるように。』も、実は以前に読ませていただいています。
    『絶対値のゆくえ』では、遅れに遅ればせながら、短編賞受賞おめでとうございます。


    『絶対値の行方』、転校を隠していた経験がある私にはとてもリアルでした。
    中学3年生にとって、とても大きな嘘をつき、悩み続けていた2人が、切なかったです。
    そのぶん、これからがスタートなんだと予感させるラストが印象的でした。

    今回も素敵な作品を読ませていただき、ありがとうございました。
    今まで読み逃げばかりで、失礼いたしました。


    更新されている『ぼくらのストロベリーフィールズ』、タイトルが素敵すぎます。
    ビートルズを始め、ロック全般が大好きです♪
    音楽系の作品、また読ませていただきます。

    馳月基矢

    2016/04/09/09:16

  • 宝希☆/無空★さま はじめまして。『絶対値のゆくえ』読んで頂きありがとうございます。
    絶対値、私も思い出せなかったので、実は数学の単元の情報を調べながら書きました…。
    いずとよっくんはすれ違ってしまい、残念な思いをさせてしまって申し訳ございませんでしたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。
    感想ありがとうございました!

    aona

    2016/03/25/00:21

  • ガラケーなのでしばらくお別れです。
    よっくんといずが離れ離れになって昔の私なら上手いと思ったのが今の私では残念に変わってしまいました。絶対値、全然思い出せません。情けな。
    私は癌他の病と戦います。

    宝希☆/無空★

    2016/03/23/14:11

  • ココア46さま はじめまして!『絶対値のゆくえ』読んで頂きありがとうございます!感想頂けてめちゃくちゃ嬉しいですm(__)m
    自分の高校受験の時の雰囲気や人間関係を思い出しながら作った物語ですので、受験生の方に共感して頂けて本当に嬉しいです!!
    短編賞のお祝いの言葉もありがとうございます。これからも楽しい作品が書けるよう頑張ります!本当にありがとうございました(*´∀`*)

    aona

    2016/03/09/22:55

  • 凄く感動しました!私もちょうど受験生だったので凄く感情移入してしまいました(><)短編賞おめでとうございます!これからも頑張ってください!

    ココア46

    2016/03/08/23:46

  • 汐見さん 『絶対値のゆくえ』読んで頂きありがとうございます!レビュー&感想、めちゃくちゃ嬉しいです!

    タイトルや展開は迷いに迷いまくって決めましたのでそこに注目して頂けて嬉しいです!短編なので描写はコンパクトさを心がけましたが、情景を感じ取って頂けて良かったです。受験って主に秋~冬~春への移り変わりのイメージで、自分の記憶もたよりにしながら書いたりしました(;^ω^)ずきゅんとして頂いて嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ
    そういえば中学の頃ってまわりを見ると、長く続いたカップルも確かにありましたが、ささいなすれ違いがきっかけで別れたケースもあったな~と。いずとよっくんは純粋すぎる両想いだったからこそ、ささいなすれ違いさえもできなくて結ばれなかったのかな、なんてことを思ったり。すぐには難しいかもしれませんが、いつかは胸がちくっとするような淡い思い出となって、2人とも前に進んでいって欲しいな~なんて思いました。(なぜか先生みたいな目線に…笑)

    P.S.感想ノートの一言にもふれて頂けて嬉しいです!切ない話でかつ、ちょうど受験シーズンなのでちょっと明るくしてみよう的な笑。

    嬉しい感想、本当にありがとうございました!

    aona

    2016/03/04/00:13

  • すみません、どうしてももう一言。

    コメント送信し終えた瞬間、
    感想ノートの表紙コメントに吹きました。
    最高です、さすがあおなさんです。このシリアスな作品にこのコメントをつけるセンス、素敵すぎます。

    楽しませていただき、ありがとうございました!

    汐見 夏衛

    2016/03/03/20:16

  • まず、短編賞おめでとうございます♪

    そして、切ないです。
    やりきれないというか、言葉になりません……。こんなに想い合ってるのに。

    でも、レビューにも書かせていただきましたが、読後はなんだか温かい気持ちになったのが不思議でした。
    二人が前を見つめていたからでしょうか。

    それに、やっぱり情景描写が素敵で!
    特にずきゅん(あ、古いですか?笑)ときたのは、『空は雲一つない水色が広がり、直射日光にぴりっとした寒さが絡みついていた』の部分! 直射日光にぴりっとした寒さ!独特の表現ですが、なんかものすごくわかります!
    冬の終わりの白っぽい光に照らされる光景が目に浮かんで、とても澄んだ気持ちになりました。

    本当に素敵な作品でした。ありがとうございました。

    汐見 夏衛

    2016/03/03/20:13

  • ひらひら桜さま はじめまして!『絶対値のゆくえ』読んで頂きありがとうございます。素敵なレビューも頂けてめちゃくちゃ嬉しいです!
    まさにレビューに書いて頂いた通りでして、あの時ああしていればこうしていればというほろ苦い思い出って、もしかしたらいろんな方が持っているんじゃないかなと私も思います。(もちろん私もたくさんあります・・・汗(;^ω^))切ない結末の話ですが、希望の物語とおっしゃって頂けてとても嬉しかったです。ひらひら桜さんのあたたかいレビューで、いずとよっくんの物語に素敵な彩りを頂けたように思いました。本当に本当にありがとうございました!!

    aona

    2016/03/02/00:29