ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 図書室
    • 告白

    ある日の放課後、誰もいない図書室で憧れの稜先輩と二人きりの勉強会!!

    私は苦手な数学を教えて貰っているところだった

    「これをxに代入して……」
    「わかった??」

    「はい!ありがとうございます!!」

    「ところでさ、俺も分からないことがあるんだけど…」
    「俺は蒼來のことが好きなんだけど蒼來の気持ちはどこにある??」
    「教えて?」

    ///「あ、あ、あの!私も先輩のことずっと前から好きでした!!」

    「良かった。俺と付き合ってください」

    「こんな私で良ければよろしくお願いします!」

    「俺は蒼來がいいんだよ。蒼來だから好きなんだ。」

    優しくてカッコイイ先輩と付き合い始めた日だった。

    開く閉じる

    • あなたの憧れEPコン
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    放課後の教室…夕日が差し込みオレンジ色に染まる空間の中で私(相模 ゆき)はぼーっとしていた。

    教室の窓のカーテンに包まりながら、校庭で部活で汗を流す生徒たちを見ていると、カーテンがシャッと開けられた。

    「なんだ、こんなところにいたのか」

    「なんだ、とはなによ。」

    むすっとして答えるとカーテンを開けた犯人、神楽坂 郁(かぐらざか いく)は私と一緒にカーテンに包まった。

    それは俗に言う後ろから抱き締めているという形になるわけで…。

    「な、なにしてんの!?」

    「なにって抱き締めてんの。」

    「だからなんで抱き締めてるの!?」

    「ゆきが抱き締めやすいから。」

    「小さくてすみませんね!」

    郁とは小さい頃からの幼馴染で、郁は私のことただの幼馴染だと思っている…はずだった。

    「そういうことじゃない。俺がどれだけ我慢して待ってるか知ってる?」

    「へ?」

    これは恋に落ちる音がした。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    放課後、今日もいつも通り誰もいない屋上でのんびりしていると、


    ブブブブッ
    制服のポケットが振動した
    それは私の彼氏からだった

    「部活終わったんですか?」
    「今終わったとこ」
    「お疲れ様です!」
    「ん。おまえ、今どこにいる」
    「屋上ですけど、今日一緒に帰る約束してましたっけ?」
    「してない」
    「どうしたんですか?」
    「…」

    あれ?なにかあったのかな、、

    「んー」
    「ん?」
    「こうしたかった」
    「へ?」

    声が後ろから聞こえた瞬間

    「っ…!」

    暖かいものに包まれた
    それはもちろん先輩で、

    「ちょっ!先輩!」
    「ん?」
    「ここ学校です!」
    「部活疲れたから我慢できなかった」
    「電話で言ってくれてもよかったじゃないですか!(そしたら心の準備ができたのに)」
    「行動したほーが早かったし」
    「っ!もう!」

    私の彼氏はなにも意識しなくても私をドキドキさせるには充分だったようです

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

▲