ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年03月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    タイムスリップ青春ラブ

    泣ける、恋愛物語。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白

    「ねえ。今日告白されたのって、誰?」

    「え。何急に。先輩だけど」

    「付き合うの?」

    「うーん、どうしようかなあ。考え中」

    「あんな先輩の何処がいいわけ?絶対僕の方がかっこいい」

    「なにその自信。事実だけど」

    私の幼馴染の時雨(しぐれ)は、校内一かっこいいと、女子から大人気だ。

    でも、時雨は何故か、女子からの告白を全て断っているらしい。

    「ていうかさ、時雨は好きな子とかいないの?」

    「いるよ。1人だけ」

    「へえ〜。どんな子?」

    「桜華みたいに可愛い子」

    「わかんないよそれじゃ。名前は?」

    「桜華」

    「私と同じ名前なんだ」

    「違う」

    そう言うと、時雨は私の手を握って…

    「お前が好きだって言ってんの」

    そう耳元で甘く囁いた。

    「なあ」

    「もう幼なじみじゃ足りないんだけど」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • ハグされた

    おっす!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

この作品を読んでくださってありがとうございました!


一言でもコメントくれると嬉しいです。

▲