ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 校舎裏
    • キス

    誰もいない、私達二人だけの教室に鳴り響くのは…。
    甘いリップ音、とか……
    「んっ……」
    なんども優しく、激しく絡められる舌。
    「俺だけに溺れていろよ」
    唇を離され、甘い声で囁かれたのだ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 廊下

    午前授業が終わり、つい彼女のいる席を見てしまう。

    俺は彼女に片思いをしている。単に一目惚れだ。
    本人は自分自身を「オール普通、凡人」と評しているが、俺には可愛い女の子にしか見えない。

    彼女が席を立つと同時に俺も席を立つ。そして追いかける。それが最近の、いや彼女に惚れてからの日課である。
    「いやだからついてくんなよ」
    「ついていきます〜」
    彼女の冷たいあしらいにもメンタルが強くなってしまった。自分の心をちょっとばかし疑ってしまうほどに。


    「てか、俺は今までずっとついてきてるでしょ、そろそろ慣れない?」
    隣を歩く彼女に目を向ける。彼女はちらりと僕を見るがすぐ目線を外し、目を合わせてくれない。
    「慣れる訳ないでしょ、あんた顔だけはいいんだから。」
    そう言って歩くスピードを早めてしまう。でも僕は足を止めてしまう。






    ほらね、実は照れてて目を合わせられないなんて、可愛いだけでしょ?

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    スマホに映るイケメン俳優をじっと見つめて、
    「はぁ…」
    小さくため息をこぼした。
    彼の名前は間宵 叶汰〔まいよい かなた〕。
    ドラマや映画に引っ張りだこの若手俳優。
    私、茅野 昴〔かやの すばる〕は、みんなに内緒で彼とお付き合い中。
    芸能人と付き合っているから、あんまりデートをする事ができないのは、分かっている。
    分かっているけれども……。
    「会いたい…よ…。もっと、イチャイチャしたい」
    誰もいない暗い教室に、静かに響く私の声。
    「じゃあ、イチャイチャする?」
    後ろからぎゅっと、温かいぬくもりにつつまれた。
    はっ?
    「か、叶汰?」
    何でここに?
    いつの間に?
    「俺以外がこんなことしていいわけないじゃん」
    クルッとまわされ、至近距離で抱き合うかたちに…。
    グッといきなり、キレイな顔を近づけられて…。
    「久しぶり、昴。……大好きだよ」
    甘くて激しいキスが唇におとされたのだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

漆黒の紋章 (黒咲 遊佐/著)

感想や誤字脱字がありましたら
教えて下さい(^ω^)

  • いいいい!!!
    めちゃ面白かったです!!私好みでサイコーでした!!
    主人公のミリアに自分がなれたようで凄く幸せな気持ちになりました!特にレイとミリアの気持ちが1つになった時です。あれはものすごく幸せになれました。私もレイみたいな人と.......っなんて思ってしまいました/////
    グレイは残念でしたが、ミリアに一目惚れしたのは仕方ないと思います。でも、あれはグレイのが断然的に悪いです。レイとミリアが婚約しててそれを福寿するのではなく、邪魔をする。それはグレイが愛しているミリアの幸せを願っていないってことになるので、悪魔に取り憑かれたんだなと私は解釈しました。
    この話を読んでて凄く物語に引き込まれる何かが感じられました!
    嫌なことがあって読んだのですが、それが吹っ飛ぶ程でした!!
    サイコーな小説ありがとうございます( *´꒳`* )

    最後になりましたが、今後の活動頑張ってください!!!心より応援しております( *´꒳`* )

    *ちかまろ*   2019/03/06 00:38

  • 読ませて頂いてます!
    疑問に思ったのですが、最初は国王の名前がヴィクターだったのですが、途中からの話で国王の名前がアーサーに変わっていたりしている部分が何ヶ所かありました。
    疑問に思ったので、修正をした方がいいと思います。
    失礼しました。
    応援してます!

    恋納   2018/11/05 00:18

  • 所々敬語がおかしい気がする
    侍女の人が自分に尊敬語使ってたりとか
    あと言葉にカッコつけすぎておかしくなったりしてる気がする

    話の内容は面白いけどそういうことがあって途中で躓いちゃうから
    カッコつけるくらいなら普通にしたらどうですかね?

    直由   2018/08/07 03:11

  • ただいま楽しく読ませていただいてます(^^)

    40ページの最後の方
    「黙って」が「駄まって」になってしまっているのを見つけましたのでご報告を。

    きっとたくさん文章を打ってると
    まさかの変換が出てきてしまうんでしょうね(´∀`;)

    それから
    誤字ではないのですが
    ミリアサイドで物語が進む中で心の声が敬語になる場面がしばしばありますが
    統一されないのは作者様の意図なのでしょうか…?

    ちょっと不思議だなと思い
    こちらから失礼いたしました。

    それでは続きを楽しんできますね。
    応援してます!

    (=・ω・=)さき   2016/02/14 21:11

  • 華詩有芽様
    誤字の指摘ありがとうごさまいました。
    修正することができました

    黒咲 遊佐   2015/10/25 22:33