日曜日




深い眠りから覚めた俺は、頭を掻きながらベッドから下りた。



居間のテーブルには、あいつが作ってくれたメシが丁寧にラップで包んで置いてある。




壁にかかった時計を見ると、もうすぐ11時になるようだ。



「ふぁぁ……ふ」




トイレを済ませて顔を洗うと、居間のテレビをつけて用意されていたメシを平らげた。



今日は仕事は休みだ。



普段休みの日は特にする事もなく家でゴロゴロしてる事が多いのだが、今日はちょっと予定がある。



食い終わったメシを台所の流しに置くと、俺は上着を羽織り玄関を出た。



ドアを閉めて鍵をかけると、そのままある所へ向かう。




今日は雪の降る、寒い日だ。