―――――――…………


「お疲れ様でした」


今日の仕事を終えて、挨拶をしガソリンスタンドを出る。
帰る間際に美咲が呼び止めてきた。


「大丈夫? 元気ないみたいよ?」


お昼から元気のない私を心配してくれていたのだろう。
気にしてくれていたようだった。


「大丈夫です。お疲れ様でした」


笑顔を作って外に出ると野崎が立っていた。
自転車を片手に帰る準備が出来ている。
送ってくれるつもりなのだろうとすぐにわかった。


「送るよ」
「今日は一人で帰るから……」
「送る」


私の言葉を遮り、先にスタスタと歩いていく野崎に後ろでこっそりと小さくため息をつく。