ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】

    放課後。私は何もすることがなく屋上へ向かった。扉を開けると彼がいた。
    (伊里加くんがいる。なんで!?放課後は仕事じゃなかったっけ?邪魔しないように退散しよ)
    「今川さん?どうしたの?」
    「えっと、特に何も無いのでお邪魔してすみません」
    「お邪魔じゃないよ。今暇なんだよね?」
    「はい。暇です」
    「じゃ、お芝居の練習手伝ってよ!」
    「私、お芝居なんてしたことないですよ!?」
    「大丈夫。セリフ読んでくれるだけでいいから」
    「分かりました」
    「じゃ、行くよ。……おれ、君のことが好きなんだ。君さえ良かったら付き合ってくれないかな?」
    「台本に書いてないよ?」
    「うん!だって俺のホントの気持ち言っただけだもん。…俺、今川さんのこと好きなんだ。付き合ってくれないかな?」
    「なんにもないよ私はそれでも?」
    「それでも。ダメ?」
    「お試しなら」
    「じゃ、お試しで!」

    そうして、彼らの恋が始ますのです。

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    「今日ほんとに来るのかな…」
    私は祐香。今、芸能人の彼氏、宙を待っています。
    「もうちょっとしたら帰るか…………会いたかったなぁ…」
    「祐香!待たせてごめん!」
    「宙…大丈夫?」
    「うん…ちょっと全力で走っただけ…」
    「そんな急がなくてもいいのに」
    「だって!早く祐香に会いたくて…」
    「も、もーとりあえず座る?」
    「うん!」
    座ると言ったのに座ってるのは私だけ。宙は私の後ろに立ったまま。
    「どうしたの?」
    ぎゅっ突然宙がいわゆるバックハグってやつをやってきた。不意打ちすぎて顔が…!
    「祐香…このままでいていい?疲れたから祐香で癒されてたい…」
    「……いいよ」
    「んー!祐香大好きー!」
    「私もだよ。」
    「また今度デート行こうねぇ!えへへ」
    私は不覚にもかわいいと思ってしまった。
    「祐香をぎゅーしてると癒されるよー」
    宙の腕の力がだんだん強くなる。
    「祐香、ずっーと一緒だよ。」
    「約束だよ!」

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 壁ドン

    「よーこ!」
    「しょーや⁈どしたの、学校は?」
    しょーやは近所の2歳下の男の子。ちなみに会うのは久々だったり
    「今日期末試験だから!早いんすわ」
    もう高3なのに、勉強大丈夫か?それより
    「身長伸びたんじゃない?見ない間に大きくなって…」
    親戚のおばさんのように成長を喜ぶ私
    「まーね、成長だし!」
    「こんなに大きくなったら、あんたモテんじゃない?顔はいい方だし」
    「んー、でも俺ずっと好きなやついるし、他の人から告られても別に…」
    まじか!しょーやに好きな人がいたとは…
    「一途だねぇ、きみ」
    肘でちょんちょんいじると、しょーやは赤面
    あ、可愛いとこもあんじゃん
    なーんで呑気に笑っていると…
    グイッ「…なぁ、俺の好きなやつ、おまえなんだけど」
    開いた口が塞がらない…
    しかもこの状況…俗に言う壁ドンすか?
    「なんつー顔してんだよ、ばーか」

    ふはっと笑うしょーやにときめいたのは、言うまでもない

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

「ええ、あなた…」を本棚に追加するには…

野いちご会員の方

ログインすると、読者メニューの本棚に追加されます。

本棚&しおり機能とは…

今読んでいる小説のページにしおりを挟んだ状態で、野いちご内にあるマイ本棚にしまっておくことができ、いつでもその続きから読めるようになります。
しかも、一度本棚に小説を入れておくと、読み進めるたびに自動で「しおり」を更新していくので、とても便利!
本棚&しおり機能は、野いちご会員限定のサービスです。