ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 登校中
    • 同居【お題】
    • 告白

    私は、憧れの先輩、神宮寺さんの事をいつも見てしまう。
    目の前を通る度に香るあのいい匂い。
    いつも先輩にはドキドキさせられる。
    先輩は私の事を覚えていないだろうけど、私は先輩のことをよく知っている。
    「先輩……」
    みんな、先輩のことが大好きでいつも見ている。……私もその1人である。
    「暁いる?」
    先輩が急に私の教室へと入ってきた。みんなの視線がものすごく冷たい。
    (なんであんな地味な子が先輩なんかと……!)
    私はこの場から逃げ出してしまいたい。
    だけど相手は神宮寺さん。ここで逃げたら一生が終わってしまう気がする。
    「なんですか?」
    と私が聞くと、
    「ちょっと…」
    と呼び出される。
    教室外から連れ出されたのは図書室で、なんなんだろうと思っていると、
    「あ、暁かなでさん…す、好きです!付き合ってください。」
    目の前の曇っていた私の空が一気に晴れた。
    「は、はい。よろしくお願いします…」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 教室
    • 告白

    内向的な自分から、新しい自分への生まれ変わりを決意した物語です。

    実際に作者の卒業文集に書いたものを基礎にした作品です。

    開く閉じる

    • 先生
    • 同居【お題】
    • 後ろからギュッ

    シャッ
    「寝てたの?」
    カーテンが開いて現れた先生の顔
    何故か先週から幼なじみでもあり先生でもある森永先生と同居中
    同居し始めてから私は毎日先生が帰れる時間になるまでこうして保健室で過ごしている
    なんでも1人で帰るのが危険だからとかなんとか先生が言っていた
    先生はすごくイケメンで生徒からも他の先生からも人気がある
    そんな中で昨日、先生のことが好きだと気づいてしまった
    気づいてからは上手く先生の顔が見れない
    「お仕事お疲れ様です、帰りましょう」
    グイッ
    「え?、センセ...んっ」
    キス、されてる
    「ごめん、嫌だよな?」
    そういう先生の瞳が切なく揺れた
    なんで...
    「泣いてるから」
    「え?」
    私の心の声聞こえた?
    すると今度は顔が赤くなった
    「どうせ俺はお前のことばっかり考えてるよ」
    それはつまりそういうことだよね?
    「なんだよ、文句でもあるのかよ」
    「先生大好き!」
    「俺もちょー好き」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

「勿 忘 草 ー記憶喪失の恋ー【上】」を本棚に追加するには…

野いちご会員の方

ログインすると、読者メニューの本棚に追加されます。

本棚&しおり機能とは…

今読んでいる小説のページにしおりを挟んだ状態で、野いちご内にあるマイ本棚にしまっておくことができ、いつでもその続きから読めるようになります。
しかも、一度本棚に小説を入れておくと、読み進めるたびに自動で「しおり」を更新していくので、とても便利!
本棚&しおり機能は、野いちご会員限定のサービスです。