ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 同居【お題】
    • 告白

    「きゃー!!!!
    校門の前にすっごいイケメンがいるんだけど!!!」


    「!?」

    すっごいイケメン!?
    も、もしかして

    「...はぁはぁ、ゆ、優にい!?
    なんでここにいるの」

    「あ、ひかりちゃんお疲れ様〜
    近くまで寄ったから一緒帰ろーと思って
    帰りに夕飯の買い物して帰ろ〜」

    優にいは私の幼なじみで好きな人
    親が海外にいって心配だからって今私の家に住んでるの

    「うん...」

    優にいからしたら私は妹みたいなもんだよね...それにわたしみたいな子供好きになんてならないよね

    「...片思いって辛いな」

    「...え?」

    え、声に出てた、!?
    ど、どうしよ...

    「そーだね〜
    僕もずっと片思いしてるんだけど」

    そんな話聞きたくない...

    「でも今その子と暮らせてるから毎日がバラ
    色なんだよね〜」

    「...え?

    「ねぇ、ひかりちゃん
    僕ずっとひかりちゃんのこと好きなんだ」

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「最低。」
    女子生徒から貰った手紙やらプレゼントやらを、業務用のゴミ袋にまとめた俺を見て
    うちのクラス委員長・宮野は冷ややかな視線を向けてきた。
    「うるせぇな。知ってるよ。」
    今日は俺の誕生日だった。
    何処からそんな情報が漏れたのか、生徒達が誕生日プレゼントをくれたわけなのだが。
    「電車通勤の俺にこれ全部持って帰れって言うのか。」
    白いポリ袋に全て入れて、口を結ぶ。
    宮野はもう一度、最低と呟いた。
    「なんで皆、先生に惚れるんでしょうね。酷い人なのに。」
    「その酷い教師に一番惚れてるのはお前だろ。」
    少し煽れば、すぐ頬を赤らめる。
    どこまでも純粋な子だった。
    「宮野、俺はこーいう奴なの。心優しいお前とは不釣り合いだろ。」
    気をつけて帰れよ、と言い残して教室を出る。
    教室の中から、「嘘つき」と呟く声が聞こえた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    教室で友達と話をしてると急に扉が開いた

    『川口瑞希居るか?』

    誰だか分からなくて無視すると、私を見て知らない男がゆっくり迫って来て壁まで私は引き下がった
    すると急に壁ドンされる

    『川口俺と付き合え』

    『やだ』

    誰? 意味が分からない

    『生意気なんだよ!』

    空いてる方から逃げようとしたらまた壁ドン

    逃げ場がない。

    『やめてください』

    本当にいや・・・
    誰か助けて・・・

    『付き合うって言えよ』

    その時誰か走って来て男の手を握り締める

    『俺の女に手を出すな』

    同級生の彼氏がマジでキレている

    『いてぇよ〜、離してくれよ〜』


    『二度と来るな』


    すると男は直ぐに逃げ出した

    助けてくれた彼氏が私を見る

    『何してんだよ?』

    顔が暑くなる

    『・・・』

    頭をポンポンと優しく叩かれて言われた

    『瑞希気をつけろよ』

    『うん』
    助けられてずっとドキドキしていた

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【時代錯誤】 (〃有希〃/著)

こんにちゎ☆ココまで来て頂き、ありがとうござぃます♪


この物語もやっと完結して、今はホッとしているところです。
改めて読み直してみると、かなり荒っぽい表現や誤字脱字もあって…少しずつでも修正しようとは思ってるんですが(^_^;

読者様のお気付きの点や指摘など、率直なご意見を頂ければ幸いです。

わざわざの訪問ありがとうございました☆

  • 上野山さん。

    ご挨拶遅くなりました
    たびたびの訪問、本当にありがとうございます

    私の小説に仕事の合間なんて貴重なお時間を費やして頂いてるなんて…とても恐縮です☆

    こちらの小説はリサーチというか…全く知識のない範囲の話でしたので、土木工事の方に詳しく聞いたり、江戸時代の事はネットで調べたりして、私なりにかなり頑張りました^^;
    実際に読んで頂いた方にそんな風に言って頂けると、素直に嬉しく感じます

    上野山さんの次作品はエグい話と言われると…もしかしてホラーなんでしょうか
    また恐る恐るお邪魔させて頂きますねッ☆

    今回は本当にありがとうございました。

    〃有希〃   2011/02/15 23:12

  • おはようございます!

    素敵過ぎるレビュー、それにノートへの書き込みも、本当に感謝です!
    とっても嬉しかったです!
    本当にありがとうございます!

    済みません、分かりづらかったですね・・・エイリアン2のパワーローダーは、主人公のリプリーって人がエイリアンに立ち向かう時に「おおお」と来るシロモンです。
    猛々しいんですよ、これが。
    イケーッ!てな気持ちにさせてくれる所がとってもユンボでした。

    今はこちらの作品、仕事の合間をぬってばれない様に読んでます!
    これ、リサーチも結構されてますよね、凄く面白いです!

    僕はとりあえず今書きかけのエグイのを又アップしますので、全然他のと違いますが良ければ付き合ってやって下さい。

    上野山雅也   2011/02/09 09:57

  • 上野山雅也さん。

    お忙しい中、二度まで感想ノートを書いて頂き、本当にありがとうございます☆

    エイリアン2のパワーローダー…実はよく分かりません^^;

    やっぱりそこでも【竜】みたいな扱いなんでしょうか。笑


    これから先、面白いと感じて頂いた上野山さんの期待に沿えるようになればいいんですが…汗

    また時間ありましたらよろしくお願いします☆


    ‐追伸ー
    上野山さんの次回作にも期待してますょ//

    〃有希〃   2011/02/08 22:51

  • 水樹ゆうさん。

    感想ノートだけじゃなく、私にはもったいないような素敵なレビューまで本当にありがとうございました。

    監督さんは私の中でも特別な存在でしたので、そう言って頂けると素直に嬉しいです☆

    実は私の自宅前で土木工事をされていた方々が、今回の登場人物のイメージなんですよ。 (ハッタリは使いませんが)笑

    今は完結して一息ついてる所ですが、また次回作を披露させて頂く機会がありましたら、またよろしくお願いします。

    今回は最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました☆

    〃有希〃   2011/02/08 22:44

  • まだ途中ですが、いや~・・・これ、面白いです!

    今タキさんの家を直しにかかる途中ですが、ユンボがエイリアン2のパワーローダーのイメージに見えます(笑)

    上野山雅也   2011/02/08 16:48