ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月08日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    いっじわるな君

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 通学路
    • ハグ&キス

    ヤバい!寝坊したー!!急がないと、先生に怒られるー
    湊「あれ?そんなに急いでどうしたの?」
    私「いや、湊君こそ急がなくていいの?!遅刻するよ!」
    湊「大丈夫!俺、近道知ってるし!なら、一緒に行く?」
    私「え?いいの?」
    湊「うん!一人じゃ寂しいしねー!」
    ま、近道だし遅刻する事ないか!

    私「なんか、スゴく暗い場所だね。お化けとかでできそう...」
    湊「大丈夫だって!いつもここ通ってるし!」
    私「な、なら、いいけど...」
    って、あれ?湊君がいない?!え?ど、どこに行ったの?いた!
    私「湊君!大丈夫?!」
    ギュ
    え?湊君?
    湊「ごめん...俺、本当は近道なんて知らない。ただ、お前と二人でいたかっただけ...」
    私「湊くん...そんな事だったらいつでも言って!私ができることは何でもやるから!」
    チュ
    私「え、、湊くん///」
    湊「ふふ...これで許して。」
    許すどころか、好きになっちゃたよ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後

    ──幼なじみって難しい。

    近くて遠くて、届きそうで届かない、そんな存在。


    「ゆうちゃ.....優心(ユウシン)くん、」

    ゆうちゃん、と呼びそうになって慌てて口をつぐむ。
    たった今、信号待ちでたまたま一緒になった彼は、いわゆる幼なじみだ。

    長谷川優心。
    さらさらの髪、綺麗な二重の瞳、高い背。

    彼自身の性格は目立つわけじゃないけれど、整った顔立ちと優しい性格で、校内では有名人だったりする。

    「...心結(ミユ)、」

    声をかけられるまで私に気付かなかったのだろう。
    ちょっと戸惑って目を瞬く優心くんは、何だか可愛かった。

    「久しぶり、だよね。元気?」

    私は彼に、もう一度近付きたい。

    勇気を出して声をあげると、彼はふわりと笑って頷いた。

    「心結が元気そうで安心した」

    あったかくて優しい、ゆうちゃんの声。


    ──幼なじみって近くて遠くて難しいけどきっと、また近付ける、よね。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ノイズ (瀬戸 柚/著)

あなたのノイズを。

  • 感想ノートへのお返事です。

    ◆向日葵 咲様

    咲さん、お久し振りです!
    以前は読んで下さって本当にありがとうございました。

    そして、わざわざお祝いのお言葉ありがとうございます。
    編集部からメールを頂いたとき、正直驚きました。
    だって、この作品、4年も前のもの!
    まさかの選出に、メールを二度見どころか三度見はしました(笑)

    でも、4年も経っているのに、多くの方に読んで頂ける機会を下さったことはとても感謝しております。
    修正したい衝動に駆られつつ、この4年間で少しは私も表現力とか成長出来たのかな?と、読み返して思っていたりします。

    願わくばまた、編集部の方にピックアップして頂けるように。
    そんな作品を書き続けていきたいです。

    また遊びに行きますね!
    ありがとうございました!

    瀬戸 柚   2014/05/15 17:17

  • こんばんは(*^_^*)

    オススメ掲載おめでとうございます♪♪

    向日葵 咲   2014/05/14 22:56

  • 感想ノート、レビューへのお礼です。

    ◆向日葵 咲様

    こんにちは!
    読んで下さって本当にありがとうございます。
    興奮しております、嬉しいです!
    私も声フェチです、好みの声に出会うときゅんとします(笑)

    頭ではわかっていても、体が拒否してしまう。
    そんな心理を読み取って頂けて光栄です!
    泰生、イラッとしますよね、わかります(笑)
    でも、人生何が起こるかなんて誰にもわからなくて。
    ずっと変わらないと思っていても、180度の方向転換が起きることもある。
    これは、主人公・里桜にも言えることだよなぁ、と確か4年前も思っていた気がします。
    これ、4年も前の作品なんだなと久々に読み返してちょっと恥ずかしさもあり……(苦笑)
    私にとっては初めての教師物でしたが、設定が大学なのであまり教師と生徒らしさを出せなかったかな?とちょっと思っていたり。
    今後に活かします。

    咲様のところにもまた遊びに行きますね!
    素敵作品ワクワクです。
    本当にありがとうございました♪

    瀬戸 柚   2014/04/06 22:23


  • こんばんは♪

    ノイズ、というタイトルに惹かれて読み始めました。

    先生を嫌う理由には、あんな苦い想い出があったからなんですね……。

    確かに、声は顔と同じくらい重要だし、りおちゃんも “二人は全然違う”と、きっと頭ではわかっていても、気持ちがついていけなかったんですね(*_*)

    もー途中、泰生が憎くて憎くて、何度もイライラしちゃいました(^◇^;)

    でも先生の包容力と優しさに、りおちゃんと一緒に癒されました〜♪

    幸せになってね、と心から二人に伝えたいです。


    素敵な作品をありがとうございました♪声フェチの私にはたまらない作品でした*\(^o^)

    向日葵 咲   2014/04/04 22:37

  • 【坂野まむ様へ】
    まむさん!お返事遅れてすみません。
    この度は読んで下さってありがとうございます!
    凄く嬉しいです。

    奥深くまで読み取って下さって光栄です。
    珍しく執筆時間が短かった気がします。
    それほど、作者として里桜に感情移入していたのかもしれません。

    多分、本当はずっと好きだったのかもしれません。
    だから、まむさんのお言葉、里桜も喜んでいると思います。
    「私の気持ち、気付いててくれたんだ」みたいな(笑

    本当にありがとうございました!
    今後も心を込めて書きますね。
    そして、まむさんに“素敵”と言って頂けるように。
    努力して参ります。

    瀬戸 柚   2010/07/05 02:25