ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年01月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 放課後
    • 帰り道
    • 頭ぽんぽん

    「君に出会ってから日常が変わった」
    初めてあったと思ってたのにまさか小さい頃にあっていたなんて

    「俺のこと覚えてないのか?」

    「えっ」
    覚えてないのかって言われても初めて会ったんじゃ?

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 部活中
    • 体育館
    • 告白

    小さい頃からずっと好きだった
    お前を誰にも渡したくないんだ
    だかから試合にかったら俺と付き合って欲しい。
    返事は試合の後でいいから聞かせて欲しい。

    開く閉じる

    • 幼なじみ男子【お題】
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    まだ雪がパラつく夕方。
    「放課後屋上…来てよ」

    と呼び出された。私はきっと他の人に聞かれたくない話しなんだろうと思った。
    (けど、なんで学校なんだろう?家も隣同士なのに?)
    うーんと考え込みながらも彼が待つ屋上への階段を登っていく。屋上への扉を開いた瞬間、パラつく雪に覆い隠されたように彼がそこに立って居た。
    コートに手を突っ込みマフラーに顔を埋めていた
    「ごめん、寒かったよね!日直の仕事が長引いちゃって」
    「うん。大丈夫、分かってる」

    彼は昔から言葉足らずの所があり、小さな頃からずっと一緒に居る私でさえ戸惑う時がある。
    「それで?」
    「え?」
    「何か話しがあるんでしょ?」
    聞いても応えない。
    その代わり彼は、急に私に自分のコートを半分被せ、私の左手を掴み自らの指を当てた。
    ゆっくりと、ある二文字を書いた。
    ”すき”
    夕焼けの様だった
    私は応えず顔を彼のマフラーに埋めた

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

「リトルロード・セレナード ~赤の王女と翡翠の騎士~」を本棚に追加するには…

野いちご会員の方

ログインすると、読者メニューの本棚に追加されます。

本棚&しおり機能とは…

今読んでいる小説のページにしおりを挟んだ状態で、野いちご内にあるマイ本棚にしまっておくことができ、いつでもその続きから読めるようになります。
しかも、一度本棚に小説を入れておくと、読み進めるたびに自動で「しおり」を更新していくので、とても便利!
本棚&しおり機能は、野いちご会員限定のサービスです。