ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 告白

    げげっ。滅茶苦茶厳しい現国の先生の授業で、教科書忘れた。
    隣の葉山の肘をつつく。
    「奈々?」
    不思議そうに私のほうを眺めるキミの綺麗な目を見ると、その世界に惹きつけられる。言うまでもなく、容姿も完璧。そんな彼と話すと、胸が高鳴るだなんて本人に言えるわけない。だって葉山はドSなんだ。
    「忘れたの…見せてくれる??」
    ニヤッと笑うキミ。
    「なに企んでるの?」
    恐る恐る聞く。
    「好き、って言ったら貸してやるよ。」
    は!?なんでよ!?
    やばい、次、音読しなきゃなのに!もう、こうなったら…
    「葉山、すっ、好き…。」
    「ん?聞こえねえ。」
    「好き!」
    「ん。」
    渡された教科書。そのおかげで朗読成功!
    「奈々、手、出して。」
    耳元で言うのは反則!

    「好きだ。」
    手にマッキーで書かれた。
    「奈々は?」
    きっと葉山は私の気持ち、わかってる。
    「…好き。」
    涼しげな顔で笑っている。そんな君の虜なんだ。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下

    「あのさー」


    みんなが帰ったあとの静かな廊下。
    部活を引退したばかりの3年生の彼が、棚にあった教科書をいじりながら問いかける。


    「俺のどこが好きなん?」


    不意をついた質問に、プリントを整理する手が止まる。

    「どこ…って?」

    「俺の好きなところ」

    「全部だよ」

    「その中でも特にってところ。ない?」

    「んー…」


    彼はイケメンだし、運動も勉強もできるし、優しくて面白い。

    全部好きだけど、特に。
    特にすきになったのは───。



    「…自分に自信があるところ、かな。
    最高にかっこいいなって思った」



    彼はいじっていた教科書を戻した。

    急に抱きしめられる。


    「うわべだけじゃないとか、超嬉しい」

    「…うん」

    「俺、お前のそういうところがいちばん好き。しっかり人を見てるところ」


    先輩も人のこと言えないんじゃない?
    そう言うと、彼は嬉しそうに耳もとで笑った。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「失礼しまーす…」

    そっと扉を開けて中に入る。いつもは賑やかな部屋がやけに静かだな、と思ってたら案の定。

    みんなはいなくて、彼だけ机に突っ伏して寝ていた。

    「…拓麻さーん」

    「…」

    隣に座って呼び掛けるけど、返事は無い。

    「起きてくださーい」

    「…」

    さらに近づく。やっぱり返事は無い。

    「…いたずらしちゃいますよ」

    「…」

    いつもドキドキさせられてるし、たまにはいいよね…?

    ちゅっ

    彼の耳に少しだけキスしてみた。


    「…そんだけ?」

    「えっ」

    形勢逆転。起き上がった彼に腰を抱かれ、今度は私がキスされて。

    「お、起きてたんですか!?」

    「うん、結構前から」

    「…意地悪」

    「ごめん。綾乃の困った顔見たかった」

    頭をぽんぽんして、送るから一緒に帰ろ、なんて。


    やっぱりドキドキさせられるのは私の方だ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【短編】会いたいのに (理由マチコ/著)

こういう転がり落ちる感じの話大好きなんですよねー

  • こんなに短いのにリアルなドキドキと切ない感じがイイです。あるよね~とおもわず呟きました。

    ゆんはんたあ(退会)
    2014/03/14 18:51

  • おおー、卯月さんは私が思っていたことを全部言ってくれとる!

    官能的ですよね。村上龍よりも温かくて発酵しそうなフェロモンを感じます。

    ちなみに「鏡子の家」と「午後の曳航」「美徳のよろめき」あたりが好きですかねー

    好きな男性のタイプが悠ちゃんや収になってしまって大変困っています(笑)

    いつでもお越しください。

    理由マチコ   2012/03/15 16:53

  • 村上龍は、エロさの中に破滅的な寂しさの漂う『エクスタシー』『メランコリア』『タナトス』の三部作や『イビサ』が好きなんですが、三島由紀夫は文体そのものが好きなんですよ。

    難しい漢語とそれを繋ぐ文のバランスが何ともセクシーに感じます。

    エロい場面の描写でないのに、文体そのものが官能的というか、セクシーなんです。

    ちなみに、同性愛小説の『禁色』がベストワンですが、『そとおり姫(←漢字忘れました)と軽王子(かるのみこ)も』も好きです。

    マチコさん(馴れ馴れしいぞ、心!)には、セクシーなものを書いていただきたいな、なんて。


    また来ます。

    卯月心   2012/03/14 13:27

  • 卯月心さんこちらにも感想ありがとうございます。

    切ないと言われると、なんだかもっと血も涙もない話が書きたくなりますね(鬼!)

    野いちごに限らず三島由紀夫が好きな人はほとんど身近にいないので、プロフィールに書いておいて良かったです。

    ……そんな嬉しい独り言は初めて聞きました。もっと読みたいと思い続けてもらえるように、残りの一作頑張ります。

    理由マチコ   2012/03/14 01:45

  • 成績三冠王の『安定と刺激』も好きですが、こちらもいいですね。

    せ、切ない。
    私にはあのような経験はありませんが(ない、そう信じてます、ハイ(汗))

    三島由紀夫と村上龍、ドストライクです。

    『罪と罰』もだいぶ前に読んだし、残りは一作ですね。

    わがまま言います。
    もっと読みたい!

    いえ、忘れてください。
    独り言です(爆)。


    卯月心   2012/03/13 01:56