ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月27日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • ハグ

    「初日はいかがでしたか?」
    「はい!結構うまくいきました!」
     
    ノリノリの彼女に日永が眼鏡を押し上げた。

    「……美友さん。ここに座って下さい」

    彼は座った美友にニコと微笑んだ。

    「水道が出しっぱなしだったようですか」
    「ごめんなさい!自動かと思って」
    「電気も同じ理由?」
    「はい……」

    日永は気にしないでと笑ったが、美友はションボリした。

    「そうか、私、失敗だらけだったんですね」

    この彼女を日永はふわと抱きしめた。

    「そんな事ないよ。君はよくやってる」
    「え」
    「背中に髪の毛が付いているから、取るね」
    「は、はい」
    「うん。いい子だ。じっとして……はい、取れた」

    長髪の美友は不思議顔だったが、日永は微笑んだ。

    「君は上出来だったよ。また明日」
    「……はい、頑張ります!」
    「いいんです、君はそのままで」

    こんな日永に送られて笑顔の美友は職員室を出たのだった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 病院の駐車場

    両親をそれぞれ乗せたパトカーが病院の敷地を出ていく。

    隼人と二人でそれを見送る。

    そして、パトカーが視界から消えてすぐ。
    隼人が私を抱き締める。












    「愛してる」











    たった一言。

    たった一言だったのに……私の頬に涙が伝った。


    誰かの前で涙を見せたのは、初めてかも知れない。

    隼人は泣く私を更に強く強く抱き締める。






    「愛してる。…………愛してやる、俺がお前を一生愛してやる」





    私は堪えきれなくなって隼人を強く抱き締め返した。

    腕の間から、嗚咽が漏れる。





    ――愛してる





    私はきっとずっとその言葉を求めていたんだ。



    ずっと、誰かに愛されたかった。

    たった一人で良かった。
    たった一人で良いから、誰かに “愛してる” とただ抱擁して欲しかった。

    その温もりを求めていた。

    ただそれだけだったんだ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 部活中
    • 家庭科室
    • 君にサプライズ

    「はぁ~…なぁちゃん~お腹すいた~」

    「涼(りょう)、もう部活終わったの?」

    「うん…何作ってんの?」


    近づいてくる涼に焦って、私は慌てて隠す

    「え?なんで隠すの?」


    「だ、だめっ」


    「え~…いつもくれるのに…」

    涼はシュンとして、諦めたように近くの椅子に座った


    後は…ここに…名前をかいて…


    「なぁちゃんってさ……」


    「うん…?」


    わ…これ結構…難しい…

    「家庭科部の部長だよね…」


    「…うん…」


    「今日、天気いいね」


    「…うん」


    「好きだよ」


    「…うん」



    ん…?


    「……えっ?!」


    「なぁちゃん好きだよ」


    か、顔があつい…

    涼はいつも突然そんなこというから


    私だって_


    「涼!お誕生日おめでとうっ…ケーキ作ったのっ」


    「えっ?!ありがとう!」


    「涼、大好きだよ」


    _私だって涼をびっくりさせたいな

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【短編】生きる理由 ~プレステージNOA~ (黒輝。/著)

NOAシリーズの2作目です。上手く書きこなせるか自信がないので、応援よろしくお願いします(>_<)☆

  • 大迫環さんへ♪

    うわぁ~、感想気付かなくてすみませんでしたm(_ _)m

    いつも本当にありがとうございます。

    ご無沙汰しちゃってます。。。

    落ち着いたら遊びにうかがいますね☆

    黒輝。   2012/07/09 08:33

  • あれ。

    プレステージ、制覇していましたね!
    ほかの2作品は未公開でした(笑)。
    読める日を楽しみにしています☆

    では本編に行ってきます!!

    大迫環   2011/08/16 09:55

  • こんにちは☆
    プレステージ制覇に向けて、順調に読み進めています。

    クローンとか難しいことはわからないので、私にとってはSFでありファンタジーであり、ラブストーリーであり…。

    それぞれの悩みや葛藤が苦しく、それでも最後には、幸せのはじまりを見届けることができて、うれしくなりました♪

    とても素敵な短編でした。

    では、次に行ってきます!

    大迫環   2011/08/16 09:53

  • 導花線さんへ♪

    はい☆ コレが3番目で大丈夫ですよ!!
    キューヴは本当は書く予定のなかったプレステージです。
    短フェスのテーマのおかげで生まれたもので。。。
    時系列的には次が本編です☆

    クローン、導花線さんが言うように紅花。も、脳の神経細胞の成長やネットワーク形成には、遺伝的要因よりも環境的要因が重要と言う部分を勉強させてもらいました。
    短編には書ききれなかったのですが、イズルはヒデロウの育成環境も英朗に近づけて育てていたりもします。

    それを踏まえた上で、なおかつ英朗のもつ『遺伝子の記憶』の不思議☆ みたいなものを描きたいナァ、と思って書きました☆

    もちろん一緒に過ごした時期が一番影響力がありますけどね。。。

    ヒデロウの出した答え。。。

    本当の幸せを決めるのは、自分。

    だけど。。。

    なぜか苦しいですね。。。

    こんな風に読んでもらえて幸せな気持ちでいっぱいです♪

    NOAシリーズ書いててよかったなぁ☆

    本編は、3人称単数で、個人の心理を強く描けなくなって読みにくいかも知れませんが、よかったら遊びにきてみてください。

    感想ありがとうございました☆

    黒輝。   2010/01/11 22:58

  • こちらも読了☆

    時系列に沿って拝読してきてわかりやすかったのですが…2作目!?書かれた順番は違うんですかね?うーん、ひょっとして作者様が書かれた順に読んだほうがよかったでしょうか…(><)

    クローンという非常に考えるべき点が多い題材で、作者様がどのように描かれるか注目しておりました。
    脳の神経細胞の成長やネットワーク形成には、遺伝的要因よりも環境的要因が重要と言われていますから、同一遺伝情報を持つことに起因して英郎とヒデロウの言動が重なる、とイズルの口から繰り返し語られる形で描かれているのが…ちょっと個人的には気に入らなかったり(←コラ)するのですが…スミマセン!いやでもこれは自分の思想的な部分になるので、市販の作品を読む感覚でここまで引き込まれて読めたということで、賛辞と受け取って頂けると幸いです(;^_^A

    自分は、ヒデロウの中に彼女が英郎を見たのは、むしろヒデロウが英郎と過ごした時間のおかげかなあ…と思いながら読んでいました。親子や兄弟が似るのと同じで。

    切ないですね…。
    最後にヒデロウが手にできた答え、考えさせられます。

    読みたかった作品に出会えた!という感じです(>д<)
    いよいよ本編、読みに参りますね!

    導花線   2010/01/11 14:00