竜の血が流れる私は無能だけど、なんだか双子に溺愛されてます

恋愛(学園)

りるぜ/著
竜の血が流れる私は無能だけど、なんだか双子に溺愛されてます
作品番号
1721551
最終更新
2024/04/07
総文字数
28,539
ページ数
14ページ
ステータス
未完結
PV数
566
いいね数
7
合格しちゃった魔法学園で、私はイケメン双子のうちの一人と「番」にならないといけなくなちゃった⁈

二人からの溺愛の日々は私にとって限界寸前…?

「そんなに甘い香りさせてたら、襲われるのは当然だよね」
「こっち向いてくれないとキスできないんだけど」

竜の血が流れる世間知らずの女の子
マリアネ・ユーグレア

×

魔力が最高水準なエリート双子
ルカ・ロヴェリヌ ヴァイス・ロヴェリヌ

正反対な双子との、学園で繰り広げるラブストーリー。
あらすじ
 商会の娘で、箱入りに育てられたマリアネは、魔法がずっと上手く使えなかった。そして、原因を突き止めるため、魔法学園を受験することに。
 意外にあっさり面接で合格になっちゃって、通された部屋でマリアネは自分に竜の血が流れていることを知る。
 その力を覚醒させるためにイケメン双子のうち一人と番(つがい)になれって言われて⁈

書きかけでごめんなさい!
随時更新していきます!

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:8

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop