周りの泡が、しゅぱしゅぱ消えていく。



 弾けて割れて、散っていく。



 それが上へ上へと昇っていき、次第には見えなくなった。



 それがさっきよりも頻繁に起きる。



 何度も何度も。





 しゅぱしゅぱしゅしゅぱ……。





 そしていつの間にか弾けた泡で周りが見えなくなって、メイがどこにいるか分からなくなって、その間にも泡は弾けて昇っていって。





 そして、包まれた。





 ほわほわ暖かいけれど、まだ近くで弾ける音がする。



「お前っ」



 メイの声も、遠のいていく。





 そしてぱったり、記憶はなくなった。