そして時は流れ、昼食時間。


「…あの、来夢?」


「なに」


「…いつも拓真の隣なのに、どうしたの?」


「いーじゃん。たまには」


肩にピタッとくっついてくる来夢。


事の始まりは、昼食時間になり溜まり場に入ってすぐのこと。


いつもどおりのはず……だったのだが、


いつもの席に座る前に、来夢がずんずんと歩き出し柊とは逆隣に座ったのだ。


「え、なになに?」


翔太も突然のことに驚いている。


「来夢が女に懐いてる…」


宏太がポカンとしているが、お構いなしの様子。


けどそれとは逆の様子なのが柊。


「おい、来夢。近い」


「別にこのくらい普通だ」


「そうじゃねーよ」


睨み合いが凄い。間に挟まれている私はオロオロ…


「と、とりあえず飯食おうぜ。腹へった!」


「そ、そうだね!」


拓真がなんとか話を逸らしてくれたので、ご飯にありつけた。


…よかった。