「来夢、見送り頼んだ」


「え……」


亞梦が無実と分かり、そいつらのことを調べ始めた頃、急に宏太がそう言ってきた。


いや、いつも柊が率先して行ってるじゃねーか。


「いいから、俺ら手離せないから」


柊は俺が行くとでも言いそうなくらい不満そうだ。……本当にいいのかよ。


「ついでに謝っておきなよ」


翔太は小声で言ってきた。


「あの、いいよ。私、1人で帰れるから」


ジーッとそいつを見ると、明らかに遠慮していた。


なんで、こいつ遠慮してんだ…。いや、あんな疑ったからか…


でも、やっぱりムカッときた。


拓真はそんな俺を見て笑いを堪えていた。…あいつあとで覚えておけよ。


「おい、早くしろ。置いてくぞ」


「え、ちょっと待って…!」


さっさと歩く俺になんとか追いつこうとする亞梦。


…俺の歩幅結構でかいもんな。やっぱこういうところは女子なんだな。


「「………」」


2人で廊下を歩いてから沈黙が長い。何話せばいいんだ…?