亞梦の家での勉強会中。


女の子の部屋ということもあり、教えている側の俺らも、なんとなく落ち着かない。


「…おい、宏太。手、止まってる」


「え、あ、悪い…」


柊に言われハッとした。


「亞梦ちゃんって感じのお部屋だよね。シンプルすぎなくて」


翔太も周りを見渡し、「いいお部屋〜」と言っている。


「おい、柊」


「なんだ」


来夢がそれをキッカケに、少しキレていた。


「さっき俺見たからな!!何もしないから…なんて言っておいて、亞梦にあんなに近づきやがって!」


「あー…あれか」


「しかも亞梦に教えてほしかったのに、お前…!」


ほんと、ガキだなこいつら…。亞梦のことになると。


「おー、そりゃ悪かったな〜」


「このやろぉぉ…!」


「はいはい。勉強しようね、来夢」


今にも立ち上がりそうな来夢を宥める。


「それにしても、あのお菓子美味かったな…」


柊は、甘党だからな…。