「…あぁ。もう落ち着いている。…おう、頼む」


亞梦が寝た頃、部屋から出て、俺は宏太に電話をかけた。


亞梦の容態と今の現状を言っておいた。あとは翔太たちにも言ってくれるらしい。


亞梦が熱出したって聞いた時、来夢を筆頭に焦ってたから報告しておいた。


……俺の家に泊めていることを除いて。


そして部屋に戻る前、近くを通った使用人に声をかける。


「おい」


「はい?なんでしょうか?」


「あいつの制服の洗濯とアイロンがけを頼む。あと、明日のあいつの朝食は念のため胃に優しいものを。送迎は明日だけ車で頼む。俺と行くから一緒に乗せてくれ」


「はい、かしこまりました。上の者にお伝えしておきます」


そう言ってお辞儀をして去っていく使用人。


俺は…赤羽家のひとり息子で御曹司、そして後継者。


生まれた時から“赤羽家の御曹司”という肩書きを背負い、男にも女にもブランドのように見られてきた。


あまり気持ちのいいものではない。