そして放課後。生徒会室にて仕事をする前にみんなでソファに座っているのだが……


「……あの、どうしたの?」


「なにが?」


「いや、なにがって、この状況はなに!?」


「いいじゃんか別に」


今の私の状況は、隣で柊に引っ付かれている。


どうしたんだろう、ほんと…。そう思っていると、宏太がクスッと笑った。


「柊、今日のお昼に亞梦がいなかったから寂しかったみたい」


「え?」


「ちなみに言うと、来夢も不機嫌だった」


「……」


「え?違うの?」


そう言うと、来夢は気まずそうに顔を逸らす。柊は無言で宏太を睨んでいた。


「ははっ、2人ともわかりやすっ」


「うるせぇ」


「……るせぇ」


こうやって見てると思うことがある。宏太は立ち位置も“どっち側”ということもなく、いつも真ん中なんだよね…。


だからなのか、笑っていても心から笑ってないように見える。


気のせいかもしれないけど。