灰田亞梦。今まで色んな捏造話や噂でいじめられていた女。


よりにもよって、なんであんな女があの人たちに近づけるのよ……。


まぁ色々思うことはあるからキリがないけど、あの女に近づけたのは本当にラッキーだった。


亞梦の生徒会加入で以前と比べるとイジメは減ったし、陰口も減ったように見える。それでも、未だにあの子をよく思っていない人たちの話はよく聞く。


陽炎であり生徒会。雲の上の存在な人たち、近づきたくても警戒心が強いためどれだけ頑張っても距離を詰められない。


それなのに、前までいじめられて居場所なんてなかった亞梦が気に入られた。


面白くないと思う女子たちは多い。だから一応、どんな媚びを売って近づいて気に入られたのか…そう思っていたけど。


ビックリするくらいなんの変哲もない、どこにでもいる普通の子。…尚更面白くない。


前まで亞梦をいじめていた女の子たちも、あの言葉を聞いてからビビって機能しなくなった。


…使えない。