「黒薔薇姫……だよな?」


え、なんでバレてるの!?メガネ取られただけだよね!?そう思い、ふと横を見ると黒い物体の塊があった。


…それは、私が普段変装してる時に被っているウィッグだった。


え!?まさか…そう思い頭を触るといつもウィッグがなかった。


つまり今は……カラコン以外、変装はしていない。


伊達メガネは翔太くんの手の中。


「なんで……黒薔薇姫が……?」


完全にパニックになっているのか、普段の余裕な表情をしていない。


「あ、はは……え、どうしたの?」


自分が転んだのが原因とはいえ、こんな簡単にバレる……!?


「黒薔薇姫だよな…?」


「な、何言ってんの!そんな訳……」


言い終わる前に、髪を掬い取られた。


「この髪、あと今気づいたけど、目はカラコンしてるでしょ?もし、赤色なら…」


目の色が“赤”。これは黒薔薇姫の特徴的な目だ。


「……」


どうしよう。もう確信している目をしている。