次の日、学校へ登校し下駄箱で靴を替えているけど思い出すのは


昨日のことだ。なんだかよく分からないけれど


あの感覚が蘇ってくる。あったかかったなぁ…。


すごい安心してドキドキして…


って!!なに考えてるの私!!なんか私じゃないみたいじゃん!!


頭に浮かんだ妄想をバババッと勢いよく消し去る。


それに、程よい距離を保たないといけないんだから気をつけないと…そう思い気合いを入れなきゃ……と思った矢先だった。


「おはよう、亞梦ちゃん」


朝からこんな甘ったるい声で言うのなんて1人しかいない。


「…おはよう、翔太」


なんか変だ。いつもなら柊たちもいるのに、今は翔太ただ1人。


…嫌な予感がする。


「じゃ、先行くから」


「待って。亞梦ちゃん」


ささっと去ろうとしたのに、呼びとめられてしまった。


「なに?」


翔太は、黒薔薇姫を知ってるみたいだし、1番心が読めないから関わらないようにしたいんだけど……