「なぁ宏太」


「ん?なに?」


柊が亞梦を送り届けた後、俺と宏太は近くのコンビニに寄って、ジュースを買い外で飲んでいる。


「いや、相変わらずメロンソーダしか飲まねえなと思って」


「うっせぇ。お前も珈琲しか飲まねぇだろ」


「まぁな。好きだし」


俺と翔太は家が近いご近所さんであり、小学校からの付き合い。


要は、腐れ縁っていうやつかもしれない。


「で?本題は?」


「え?何が?…って、お前には通用しねーか」


「何か言いたい時、他の話題だして遠回しにするだろお前」


互いのことは大抵把握している。その上で気を遣わなくていいから楽なんだよな。


俺は残りの珈琲を飲み干す。


「亞梦ちゃんのことどう思う?」


そう聞くと宏太は、ポカンとはしたものの、すぐにいつもの表情になった。


「どうって…、柊が気に入った奴なら何も問題ないと思うけど」


「そうじゃなくて!亞梦ちゃんが“あの子”に似てるかってこと」