あれから1ヶ月経ち、生徒会にも徐々に慣れてきた。


下駄箱の手紙も以前より凄く減り、陰口もほとんどない。


それも彼らと関わるようになってからだ。


相変わらず遠ざけれらる日々だけど、今は前より学校に行くことが楽しみになっている。


今日の放課後もいつもどおり、任された仕事を、時々手伝ってもらいながら、1人で少しずつ出来るようにもなってきた。


そしてたまに翔太と、仕事を分担している。


「えっと、この書類のまとめはここだったはず……ってあれ?」


いつも置いてあるノートがそこにはなかった。


確かにいつもここにあるのに……。


「亞梦、どうした?」


私の様子に気づいた柊が駆け寄ってくる。


「あ。ここにあったノート知らない?今から使うんだけど…」


そう言うと、「えっ」という声が聞こえたので振り返ると翔太が驚いていた。


「ごめん!それ資料室に返しちゃった」


そ、そうなのか。じゃあ……


「取りに行ってくる」