生徒会の仕事を終えて、来夢オススメのお店に来た


……のだが、なんと今日に限って『臨時休業』


「あらま」


「まじかー……」


各々が、肩を落とす中で来夢は、しゃがみこむくらい暗かった。


「マジでごめん、亞梦……」


「き、気にしないで!確かに驚いたけど、私は全然大丈夫だから!」


楽しみが先延ばしになったと思えば、どうってことないし、なんだか嬉しい。


「…まぁ、今回は諦めるとして。これからどうする?ファミレスとかゲーセンだとこの人数じゃ目立つしな〜……」


宏太が来夢の肩をぽんぽんと叩きながら、みんなに提案した。


色々意見を出し合うが、なかなか決まらない。


来夢も、まさか臨時休業とは思ってなかったんだろうな…。


それにしても……


「……なんでだよぉ」


来夢は、見たことないくらい凹んでいる。