そして時は流れ、放課後


1人で行こうとしたが、すんなり捕まりみんなで行くことになった。


そして生徒会の仕事。


「今日はこれと、これ。そして、これだ。じゃ、よろしく」


柊くんは、そう言ってそれぞれ指示を出し各自仕事に取り掛かる。


「亞梦ちゃん、教えるからこっち座って」


「はいっ」


翔太に呼ばれて隣の椅子に座る。


「じゃ、今日はこれだね。じゃーん」


そう言って机の上に置かれたのは、意見箱と書かれた箱だった。


「えっと、これは一体?」


「これはね、生徒からの要望とかを紙に書いて投書してもらう箱だよ。とりあえず全部出そうか」


そう言い、翔太は箱をひっくり返すと、バサバサーっと、四つ折りされた紙がいっぱい出てきた。


「うわ、多いな〜」そうブツブツ言いながら、中身を開いている。


「そして、この紙を仕分けして、このPCのWordに打っていく。OK?」


「はいっ」


そう言って仕分けを2人でする。紙を広げると色んな要望が入っていた。