エステルも少し落ち着いた様子で、肩をひくひくさせながらもこちらをじっと見つめている。僕は意を決して、自分の気持ちを少しずつ言葉に紡いでいく。


「エステル。あの日、僕たちが離れ離れになった日のことだけど。君のことを守ってあげることができなくて、本当に申し訳なかった。自分の不甲斐なさに、情けない気持ちでいっぱいだよ」
「フェリクスでん、か……それは、違います。あの時はダンシェルドの兵がセイデリアを……っ! 殿下が情けなく思うようなことは一つもありません」


 エステルの瞳に再び涙が込み上がる。


「エステル、違うんだ。国と国の問題はもう解決したし、これからお互いに前向きに関係を築いていけばいいことだ。僕が言っているのは、僕と君との問題。君に不安な思いをさせてしまった上に、その後の六年間もずっと、君のために何一つできなかったことが情けなくて」

「でも、それもお互いの国が森に呪いをかけて行き来をできないようにしたからです。呪いのかかった森に入ることは危険ですから、殿下が森に入ることなど許されなかったはずです。私は全部分かっています……」

「エステル。この六年間、僕は一日たりとも君のことを忘れたことはない。あの日の十二歳の頃の君の姿を思い出しては、またいつか君に会いたいとずっと願っていた」

「殿下……ありがとうございます」