「おはよう咲姫ちゃん。今日も可愛いね」

「だから、咲姫ちゃんって呼ばないでよ。私、先輩なんだから」

「だって咲姫ちゃん全然年上に見えないし」

「はいはい、どうせ私はチビで童顔ですよ」

この前小学生に間違えられましたけど、何か?

「それが可愛いんだよ」

そう言って、桐生くんが私の方に手を伸ばした瞬間、

「桐生、いい加減にしろよ。年下のくせになれなれしく咲姫と話すな」

玲央が私の前に立って、私に触れようとしたらしい桐生くんの腕を掴んだ。

「え~? いいじゃないっすか、話すくらい」

「よくねぇよ。咲姫は俺の彼女だって言ってんだろ」

「そのうち僕の彼女になるかもしれないじゃないですか」

いや、絶対ならないから。

っていうか、その自信満々な発言は何?

「こんなバカと話してても時間のムダだ。さっさと教室行くぞ」

そう言って玲央が私の手を引っ張って足早に歩き始めた。