部屋は真っ暗で何も見えないはず。なのに、笑みを浮かべる自分がいたのはおかしい。ましてや、語り手は鏡を凝視しているのに鏡の中の語り手は笑っている。実に、奇妙すぎる。