____



放課後を迎え、咲と一緒に生徒玄関を出る。



途端、俺の眉間にしわが寄るのが分かった。



他校の男数十名が校門で頬をだらしなく緩ませながら待っている。



その原因は、間違えなく咲だ。



最初は、数名だったが、そいつらが他のやつらにも噂を広め多い時では、50人に
まで上ることがある。

制服は、バラバラだからいろんな高校から咲の顔を拝みに来ている。



咲の可愛さは、高校入学と同時に瞬く間に広まった。……他校にもまでだ。



中学の時も、尋常なほどモテていたが、高校生になってますますモテている。


告白されない日が珍しいくらいだ。



「おい、みんな、咲ちゃん来たぞ!」

「相変わらず、くそかわいいな……」

「いつもとなりにいる男彼氏かな?」

「拝めるだけでも幸せだろ俺たち」


咲が姿を現しただけで、一気に周りが騒がしくなった。