今日も今日とて、『推し』への愛が止まらない。






ううん、本当に止まらないのは






もしかして、『キミ』への想い?