「薔薇の花って、なんか狂気じみてると思うわぁ。里ちゃんも、そう思わへん?」

そう言って笑ったのは誰だっただろう。




忘れてしまったけれど、

そいつの中にある“それ”は



全体的には赤色なのに、所々白の部分があって。





その赤は


何かの液体の様に、




酷く滑(ぬめ)っているように見えた。









そいつの手の中にある“白薔薇”1輪からは、





噎(ム)せる様な





強い鉄の匂いがした