榎本亜矢の場合