ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年12月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 雪の華【SS】

    ずっと一緒にいたい

    結婚…してほしい…

    わたしも…。
    よろしくおねがい…します。

    ずっと待っていてくれて
    ありがとう。

    開く閉じる

    • 雪の華【SS】

    やっと恋することが出来たのに

    私のこの体はそれすらも気に食わないらしい


    たった1ヶ月

    大事な1年の中のひと月


    その間恋することすらもこの体はさせてくれない


    普通の恋する女の子がする


    ドキドキしたり楽しくて相手のことを思って張り切ってつい興奮しちゃうようなことも


    この体は許してくれない


    どんどん好きになる度にドキドキしていく度に


    病状は悪くなっていく


    神様こんなことってないよ


    もしも

    もしも神様がいるのなら

    お願いです。普通の女の子になりたい


    そんな大きな願いなんてしないから

    もう少しだけ

    もう少しだけ彼と一緒にいさせてください

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    えー前回書かせて頂いた朔和とのエアラブの続き、今回は、朔和sideです。

    俺の幼なじみは、不眠症ってやつ持ってて、いっつも寝れないらしい。たまたま友達と好きな人の話しをしてた時に幼なじみが聞いてたらしく、その日を境に学校で会うことはなくなっていった…俺が好きなのは、お前なのに…素直になれなくて、誤解されっぱなしー


    部活が今日なくて、帰ろうとした時に教室にスマホを忘れたのに気づいて、教室に戻って行った時に通った彼女のいる教室。スマホをとって帰ろうとしたら、その教室にあいつが、いた。珍しく、寝てるけどなんか辛そうな顔してる。手をにぎってやれば、少しは楽かな…なんて思って、幼なじみだから出来るなんて理由をつけて、手を握った、そしたらさ、あいつ幸せそうな顔するんだよ。嬉しくて、舞い上がりそう…





    なぁ、いまだけでいいから素直になって、おまえを独り占めさせて…

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

「一途な彼の過剰な愛情表現」を本棚に追加するには…

野いちご会員の方

ログインすると、読者メニューの本棚に追加されます。

本棚&しおり機能とは…

今読んでいる小説のページにしおりを挟んだ状態で、野いちご内にあるマイ本棚にしまっておくことができ、いつでもその続きから読めるようになります。
しかも、一度本棚に小説を入れておくと、読み進めるたびに自動で「しおり」を更新していくので、とても便利!
本棚&しおり機能は、野いちご会員限定のサービスです。